佐渡暇人放送のきまぐれBLOGです。
ニュースやTV番組のツイッター実況などを元に主に構成されます。

佐渡暇人放送-備忘録 LD版

真面目な政治経済から助平な政治経済まで書き綴ります。 ツイート上限回避のために、まとめとしても活用します。 尚、アメブロがR18カテゴリーが無いため、こちらと併用しておりました。
佐渡暇人日記(アメブロ版)

佐渡暇人放送禁止日記過去ログ

佐渡暇人放送@性時経済BLOG(過去ログ)

佐渡暇人放送公式HP
管理人@佐渡暇人

    真面目な政治経済から助平な性事経済まで語る。佐渡の暇人のおっさんです。BLOGは幅広く書くために、アダルトカテゴリーになっておりますが、アダルト広告の表示はご容赦ください。

    野党

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    衆議院選挙も終わり、株式市場の値動きも活発になった。

    これはこれで、非常に喜ばしい事ではあるから素直に評価すべき。

    cyoukiseikenganiponkabugaagaru

    だが・・・

    大企業ばかりが恩典を受けて、地方・中小企業にまで波及しない。

    こういう現実に私も直面しており、この点がアベノミクスを100%評価

    することが出来ない原因であります。

    では、何故?そういう原因に陥るか?を私の実体験を元に検証してみました。

    記事全文はアメブロにて

    以上、佐渡暇人放送でした。 

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    本日、来年度補正予算案が原案通りに衆議院を通過しました。


    しかし、この内容があまりにも内容なだけに・・・

    安倍総理は、本気で軽減税率導入による増税をするとは思えない。

    ⇒その理由

    ①この軽減税率は野党が求める消費税上げた分、食料品などは安くして欲しい。
     という「格差のない社会を!!」「弱者ガー!!」「人権ガー!!」の主張。
     前回の8%増税の際に、一部食品類を除くように野党が訴えていた。
     少なくとも、新潟の、ある共産党員は主張していた。
    ②軽減税率案は6月13日の国会で田淵隆明氏が公述人として発言されている。
     この時の資料は、社会党の社会主義政策の原案の1つに用いられたものである。
     民主党野田政権の頃から増税反対の姿勢で田淵氏は軽減税率導入を主張してきた。
    ③軽減税率導入は増税しないことが原則のはずが、増税案が出ても田淵隆明氏は
     軽減税率の導入を訴えている。

    ▼その根拠
    つまり、本来ならば野党は軽減税率による増税を反対するのであれば、
    安倍総理に責任追及する前に、軽減税率を増税なしで導入を後述した。
    田淵隆明氏を参考人招致すべきだったことすら気がついていなかったのか?
    意図的にしなかたのか?分かりませんが?結果的に国会で質疑しなかったのでした。
    ▼その根拠

    【補足意見】
    軽減税率導入で増税する政府案を、田淵隆明氏が否定していない。
    それどころか、増税しないことを前提の軽減税率のはずなのに・・・
    軽減税率導入だけは、お飯の食い上げにでもなるのか?未だに主張している。
    ところが、国会に参考人招致されないからなのか?国会中継をツイター実況
    している私に、田淵氏が聞いても居ないのに色んな資料を送りつけて来た。
    これも、検証するチャンスと受け止めた結果。
    軽減税率はダブルスタンダードの主張でしかないから、
    きっと安倍総理は、安保法案の時に散々揚げ足を取られて
    「十分に議論がなされてない」とバカ野党が騒ぐから、十分に議論させたんだと思います。
    実際、総理は増税の議論の最中は外交して他の仕事をこなしたわけですから・・・
    もう、10%増税も一度見送ってるわけですし、本気でこんなダブルスタンダードの
    穴だらけの軽減税率案を導入して増税なんて本気で考えてないと私は思います。
    審議の結果どうなるか?まだ結果が出ていませんから断言は出来ませんが。
    いずれにせよ、来年度補正予算案が衆議院を無事通過してよかったです。

    【総括】
    軽減税率案も野党が投げたブーメランwww
    abesouribumeran20160106

    以上、来年度補正予算案衆議院通過で飯(゚д゚)ウマー@佐渡暇人放送でした。

    このページのトップヘ