佐渡暇人放送のきまぐれBLOGです。
ニュースやTV番組のツイッター実況などを元に主に構成されます。

    豊洲移転賛成

    小池百合子は共産主義のデマに端を発し・・・

    豊洲市場移転問題に一言でも異議を唱えると・・・

    全て共産党扱いをされてしまうという異常事態に発展・・・

    もう、完全に頭おかしくなっていますね。www

    移転ファースト!!利権ファースト!!の人達って・・・

    混乱に乗じて、小池叩きの内容がグチャグチャになってる。

    伊藤会長の仰せの通り、建物構造にも問題がある。

    tukijisaitoukaicyoukyousantou1

    早期移転を求めると同時に対応を要望するのは当然!!

    現場の声を無視して、自民党都連信者・石原慎太郎信者・

    幸福の科学信者・混乱に乗じて政局に失敗した日本維新の会・

    日本維新の会・橋下徹の盲目な信者・デマに躍らされている

    法的検証が全く出来ない人達が入り乱れている。

    自傷保守論客・政治クラスタの頭の悪さが露呈されています。

    しかも、偏向報道に騙されるなと豪語してる連中が騙されている。

    ぶっちゃけ、カルトの洗脳に知らず知らずに遭ってる様な状況。www

    静観してて、非常に笑えます!! 


    ▼詳細はアメブロにて▼

    ↓こちらをクリックしてお読みください。↓

    以上、佐渡暇人放送でした。 

    もう、結論ありきで完全に小池都知事は豊洲移転中止したと

    思い込んでしまってて、どうしようもないですね。www

    安保法制=戦争法 と脳内変換級の安保んたん(アンポンタン)ですね。w

    基地外がムキになって理解させようと?

    お説教?お説法?の引用ツイをしてきたのでスクショツイで晒して

    放置してたのですが・・・
     ▼スクショはコチラ
    SnapCrab_NoName_2017-4-17_0-22-33_No-00
     

    棚から牡丹餅とでも言いましょうか?

    そのツイが、オモロイ方向に弄くられていたwww

    SnapCrab_NoName_2017-4-17_0-12-30_No-00


    ▼一連のやりとりをまとめてみました。w


    ▼詳しくはアメブロにて
       時系列に再度整理して関連ソースも列記しました。
    ↓こちらをクリックしてお読みください。↓


    【まとめ】

    養老孟司先生の仰せの通りです。

    『バカの壁は越えられない』『話せば分かるなんて大うそ!』
    bakanokabe
     

    法律・判例無視してイデオロギーだけで走るのも勝手ですが・・・

    どんなに騒いでも、正しく理解している人の方が多いから、

    私みたいな自民党員は小池会派を支持するのです。

    今の東京都連を支持してる連中はバカばっかりです。www

    それに、小池都知事の支持者のほうがダントツに多いです。

    これを否定したら、それこそ民主主義の否定になりますよ?

    それこそ、共産主義になってしまいます。www

    てか、民主国家でもあるが法治国家の要素の方が大きいので、

    移転推進派の主張みたいなコンプライアンス違反はできないのです。

    土壌問題出てきた以上は、罰則規定がないからと言っても、

    環境アセスメント法に則って再アセスメントしませんと・・・

    民間商業施設ではないので、卸市場法の要件も満たせずに、

    市場は認可下りません。

    だから、アリババに売却というデマが出回ったのでしょうか?

    人民元大量国外持ち出しできない共産国家なのに・・・

    どうやって買うんだ?それに都の発注した公の施設だから、

    都知事の専権で売却なんてできないぞ?www

    政治を語るならば、基本をきちんと学んでから意見すべきです。

    書くのは勝手だけど、恥を書くだけです。www

    それに、今回の問題は建設・不動産業界の実務経験がないと、

    総合的に判断ができないくらいに難しい一面もあります。

    私にしてみれば、単純な問題が複雑化されているだけですが・・・

    もう、全てにおいて、無知がゆえに、「狼が来たぞ~」に騙された

    というレベルの問題なのです。

    手軽にSNSで言論発信できるようになった社会問題ですね。

    このくらい、中身を徹底分析して書けないバカッターが多すぎる。www

    以上、佐渡暇人放送でした。 



     

    このページのトップヘ