佐渡暇人放送のきまぐれBLOGです。
ニュースやTV番組のツイッター実況などを元に主に構成されます。

佐渡暇人放送-備忘録 LD版

真面目な政治経済から助平な政治経済まで書き綴ります。 ツイート上限回避のために、まとめとしても活用します。 尚、アメブロがR18カテゴリーが無いため、こちらと併用しておりました。
佐渡暇人日記(アメブロ版)

佐渡暇人放送禁止日記過去ログ

佐渡暇人放送@性時経済BLOG(過去ログ)

佐渡暇人放送公式HP
管理人@佐渡暇人

    真面目な政治経済から助平な性事経済まで語る。佐渡の暇人のおっさんです。
    ツイッターの情報を中心に、二番煎じのまとめを作っております。w
    尚、1日の最終まとめは、TWILOGを辿ってお読みくださいい。
    http://sadohimajinhousou.blog.jp/archives/30092246.html

    誤報

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

           真犯人は、 だった!!
    matumotosarinjikenaumdatta

    続きを読む。
    以上、佐渡暇人放送でした。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    日本維新の会・足立康史議員の存在意義は大きい!!

    森友問題・加計問題ににドンドン斬り込んで行く!!

    遂に!「偏向のオンパレード」がツイッターでトレンド入り!!

    【ツイキャス放送致しました。】

     
    放送の元ソースはコチラ

    足立康史議員の追及が、非常に楽しみである。

    以上、佐渡暇人放送でした。



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    ┐(´д`)┌ヤレヤレ

    これが現実ですわ。

    結論から言うと・・・

    矛盾点を指摘したら、答えられなくなったのか?

    ブロックして逃亡ですわ。www

    watnabetetuyablocknigeta


    記事全文はアメブロにて

    はい、これが全てです。

    尚、私の指摘が間違っていたかどうか?

    そのご判断は各自に委ねます。

    以上、佐渡暇人放送でした。

     

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    こういう影響力のある人の言葉って100%信じるんだよね。www

    決して、悪気のない、初歩的なミスから生じただけなんだが・・・

    混乱しちゃいますよね?こういうのがデマになっちゃうんです。www

    ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

    ▼私はおかしいと思って調べてみた。w

    watanabetetuyanettosenkyofake
    私は一次ソースを確認してメンション送った。w

    ▼その中より1ツイート抜粋しましたので、辿ってお読みください。w


    私が、常にソースに拘るのは、こういうことなのです。w

    記事全文はアメブロにて

    以上、佐渡暇人放送でした。

     

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    安倍総理の批判がテレビ・新聞等の偏向報道に連動するように、

    小池百合子都知事・石破茂議員の批判も連動している。

    ishibakoike

    さて、ネットのジャーナリストの見解も結構外れるが・・・

    今回は当たるだろうか?

    申し訳ないけど、都議選では私の予想のほうが当たった。www

    裏取ってるつもりかもれないけど・・・

    私が見る限りでは、本当にこれで裏取ったと言えるの?と。

    そう思う部分が多々あります。

    勿論、私も完璧ではないし、過去に誤報流した経験もある。

    でも、大事なのは誤報流しても訂正することではないだろうか?

    「間違えたら、ごめんなさい。しなさい。」と。

    幼稚園で習わなかったか?www

    ただ、それだけのことなんだけどなあ・・・

    それで飯食ってる人達って、訂正できないのかなあ?

    まあ、立場的にスポンサーの意向をくまなくちゃならんのも・・・

    わからんでもないんですけどね。www

    ▼記事全文はアメブロにて

    以上、佐渡暇人放送でした。

    このページのトップヘ