佐渡暇人放送のきまぐれBLOGです。
ニュースやTV番組のツイッター実況などを元に主に構成されます。

佐渡暇人日記

真面目な政治経済から助平な政治経済まで書き綴ります。 ツイート上限回避のために、まとめとしても活用します。 尚、アメブロがR18カテゴリーが無いため、こちらと併用しておりました。
佐渡暇人日記(アメブロ版)

佐渡暇人放送禁止日記過去ログ

佐渡暇人放送@性時経済BLOG(過去ログ)

佐渡暇人放送公式HP
管理人@佐渡暇人

    真面目な政治経済から助平な性事経済まで語る。佐渡の暇人のおっさんです。
    ツイッターの情報を中心に、二番煎じのまとめを作っております。w
    尚、1日の最終まとめは、TWILOGを辿ってお読みくださいい。
    http://sadohimajinhousou.blog.jp/archives/30092246.html

    組閣人事

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    別に大臣は国会議員半分いりゃ~いいんだし。www
    takahashiyouichizaimusyoukaikaeerasoku
    続きを読む。
    以上、佐渡暇人放送でした。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    私は、自民党員で安倍支持者ではあるが信者でなはい!!

    安倍総理にも色々と甘い部分もあるから、批判も書いてきた。

    でも、今回の組閣人事はちゃんと世論を受け止めていると思う。
    abesourisokakujinjiowabi
    それにしてもこれまでの閣僚は酷いのが居たw

    自民党員としては、自民党に政権維持してもらいたいからこそ、

    何でも、安倍総理のやる事を正当化するのではなく、時には、

    厳しい批判もするのです!!

    それが、支持者というものではないでしょうか?

     続きを読む。


    以上、佐渡暇人放送でした。


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    まあ、石破氏の経済政策は正直賛同できんけどね。w

    安倍総理に物申す人排除しようとしてるだけなんだよね?www

    私から言わせれば、こんなの煽りでしかない。www

    もう、民進党のやってる永田メール事件ごっこを笑えない。www


    けど、こんな煽りに躍らされてる自民党員ってバカなの?www

    ishibatuihoudema

    石破茂の経済政策は、正直ウンコみたいな内容です。

    それは、間違いないと私も思いますし、それを批判する人を

    批判しているのではなく、煽ってデマを刷り込んでいる連中を

    私は批判しているだけなのです。!!

     

    そんな、加計学園を巡る野党4狂党みたいなことをするなよと。

    だから、J-NSCはネトサポの工作員だなんて妄想されるんだ!!

    もう、ネット上の盲目な安倍信者はどうしようもない!!

     

    安倍総理に一言でも意見しようものなら的にかける!!

    しかも、RT数が多い人は全て正しいと思い込んでいる!!

    ちゃんと紹介者を介して自民党員になっている私としては、

    こういう連中は迷惑以外の何者でもない!!

    安倍総理の脚を引張っているのは石破茂や村上誠一郎ではなく、

    ネット保守・酷使様であることをいい加減に気が付いて欲しい!!

    皆さんも、そういう煽りにはご用心ください。

     

    続きを読む。


    以上、佐渡暇人放送でした。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    NHK/民放では報じられていないようだ。

    ネットでも自民党の石破追放説が流れているが・・・

    ▼テレビ東京は次のように報じている。




    【私の見解】

    ishibanidashinwbs20170728

    安倍総理の盲目な信者の妄想による石破叩きに石破四要件を

    強引に持ち出して、事実を印象操作してデマも放り込んだという

    見方が濃厚になってまいりました。

    私も決して、石破氏の経済政策には賛成できませんが・・・

    いくら石破が嫌いで、安倍総理を神格化させたいとは言え・・・

    デマ流すやり方は気に食わねえ!!

    ただ、それだけです。

    さて、石破氏が再び大臣に返り咲くだろうか?

    今後の報道に注視したい。

    ▼詳細はアメブロにて

    以上、佐渡暇人放送でした。



    このページのトップヘ