佐渡暇人放送のきまぐれBLOGです。
ニュースやTV番組のツイッター実況などを元に主に構成されます。

佐渡暇人放送-備忘録 LD版

真面目な政治経済から助平な政治経済まで書き綴ります。 ツイート上限回避のために、まとめとしても活用します。 尚、アメブロがR18カテゴリーが無いため、こちらと併用しておりました。
佐渡暇人日記(アメブロ版)

佐渡暇人放送禁止日記過去ログ

佐渡暇人放送@性時経済BLOG(過去ログ)

佐渡暇人放送公式HP
管理人@佐渡暇人

    真面目な政治経済から助平な性事経済まで語る。佐渡の暇人のおっさんです。
    ツイッターの情報を中心に、二番煎じのまとめを作っております。w
    尚、1日の最終まとめは、TWILOGを辿ってお読みくださいい。
    http://sadohimajinhousou.blog.jp/archives/30092246.html

    米山隆一新潟県知事

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    米山隆一新潟県知事の今回の発言は、別にたいした問題だと私は思ってはいない。

    けど、日頃からの行いが悪いから、こういう火花が散るのは自業自得だと思う。

    【ツイキャス放送後、アーカイブをアップしますた。】

    放送の元ソースはコチラ
    以上、佐渡暇人放送でした。 

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    これは、新潟に限ったことではないと思うのですが・・・

    野党議員の不祥事には甘く、与党議員の不祥事には重箱の隅を突き、
    違法性の無いものまで大騒ぎしてデマをデマワラセル。

    テレビ局は、全国ニュースの枠もあるので、まだしも、(本当はローカル枠で報じるべきなのですが・・・)

    テレビよりも、新聞が本当に酷いです。!!

    新潟は、地方紙が新潟日報一社が、ほぼ独占状態なので、ネットを見ない、見れない、見る気がない人たちは
    騙されまくりです。

    精々、報じたのは西村智奈美が女子中学生車で跳ねた事件と秘書が事務所の金摘んだことくらいじゃないでしょうか?

    けど、西村智奈美の国会での暴行事件や、菊田真紀子・森裕子らの還付金詐欺などについては報じていないんですよね。w

    【ツイキャス放送アーカイブ】

    放送の元ソースはコチラ
    以上、佐渡暇人放送でした。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    またまた、米山知事がヤらかしちゃいました。www

    【ツイキャス放送後アーカイブを貼ります。】

     
    放送の元ソースはコチラ
    以上、佐渡暇人放送でした。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    一昨日の新潟日報の記事にもとり上げられた、石崎徹氏への風が吹けば桶屋が儲かる論。
    ▼まだ、お読みでない方はコチラ
    関連する、根本的な原因を探るべく、米山隆一氏の過去のBLOGを検証していたところ・・・
    ▼県知事選挙の頃から既に、風が吹けば桶屋が儲かる論が展開されていた。
    【米山隆一氏の問題点を解説】
    相手候補の一つの売りが、「国から補助金をとってこれる。米山は補助金が取れない。」
    だそうなので、一つ反論させていただこうと思います。
    ⇒これの反論はわからなくもない。
     まだ、実際に県知事として補助金申請してないのに決め付けるなと言いたいだろう。
     これについては、対立候補は、長年の公人としての驕りによる発言だと私も思う。

    ただ・・・
    その反論は兎も角として、次の内容が非常に誤解を招く内容である。

    「自治体が国からもらう補助金をとった経験は勿論私はありませんが、民間が国からもらう補助金であれば、私は、弁護士業務の一環としてクライアントから依頼されて、結構倍率の高い補助金の申請書を作成し、無事補助金を得てクライアントから感謝された経験が複数あります。」
    ⇒この書き方は、相手候補の「国から補助金をとってこれる・米山は補助金が取れない」と同次元。
    相手候補は、自分の政治家としての経験値で感覚的に発言している。(勿論、根拠は不十分)
    しかし、米山知事も、自分の弁護士としての経験値で感覚的に発言している。

    しかも、次の発言は誤解を招く虞がある。

     補助金はそもそもの制度として、何かパイプがある特定の人にだけ取れるようなものではなく(それでは不公正な行政になってしまいます)、制度趣旨をよく理解し、担当官公庁に自らのプロジェクトを適切に文書に落としてプレゼンテーションする能力があれば誰にでも取れるもので(そうでなければ困ります。)、多少自画自賛的になりますが、私はその能力はかなり持っていると思います。
    ⇒制度趣旨をよく理解し、担当官公庁に自らのプロジェクトを適切に文書に落としてプレゼンテーションする能力があれば誰にでも取れると書いてありますが・・・
    誰にでも取る事はできません。!!これこそ、事実誤認であり訂正すべき!!

    企業の補助金申請について、行政書士とやりとりする立場にあった私に言わせると…
    お役所関連の書類作成については、必ずしも100%申請が通るとは限らない。
    補助金なんてものは、限られた予算で行政裁量の範囲も幅が広いから必ず貰えるものではない。
    申請してみないとわからないものを、プレゼンテーションする能力があれば誰にでも取れる。
    なんて言い切ることは、米山氏の個人の感覚でしかない!!
    あたかも、100%私は通してきたみたいな印象操作が受けられるから、これこそフェイクだ!!
    事務方で、それなりに仕事任せられていた人間から言わせると、子供だましでしかない。
    かつて自民党から擁立されるも落選し続けてきた男の嫉妬・僻みとも取られかねない!!

    【まとめ】
    yoneyamabaka2

    県知事になる前、なってからの言動を私は静観して参りました。
    そこで、米山県知事の長所と短所を見極めることが、ある程度できました。
    立場が変れば、物事の解釈・見方・進め方が異なるのは当然の事。
    政治家経験者の目線での発言を、弁護士目線だと反論してしまいがちなのだ。

    もう、やってることが検察と弁護士の法廷闘争そのまんまなんですよね・・・
    政治は、裁判官が判断するのではなく、国民が判断するのだ!!
    その論点をいつも、差し替えてしまう傾向にあるのも職業病なのだろう。
    こうやって米山知事の発言を検証する度に、つくづくそう思う。

    が、しかし・・・
    今は、弁護士ではなく政治家なのだ!!
    (このBLOGの時点では、まだ候補ではあったが・・・現時点での私の判断です。)

    人間、簡単に切り替えろというのは難しいけれども…
    切り替えなければ、勉強できるバカと笑われて終るだけです。
    それが切り替えられないのであれば、弁護士に戻って手腕を発揮すべきです。

    見事な屁理屈・見事な風が吹けば桶屋が儲かる論!!頼もしい!!
    弁護士としては優秀だと思うし、こういう先生に仕事は依頼したいと思う。
    これは、イヤミではなく、イデオロギー云々は別として、私の本心・本音です。!!

    でも、政治家は中立性を保たなければならないので、偏りすぎは問題だと思います。
    それは、どの政治家にも言えることですけれども、バランスが大事だと思います。
    米山知事!政治家やめて弁護士業務に戻ったらどうよ?
    弁護士としての仕事があれば政治家にならないかもしれませんが・・・
    なんて、バカにした意味ではないので誤解なきようお願いします。

    素直に、絶対にそのほうが先生の能力発揮できると私は思っているのです。
    弁護士上がりの政治家は米山知事に限らず、そういう人たちが多いと私は思います。
    そこが、短所であり長所であるが、それは致し方ありません。
    逆に、私に弁護士になれと言っても無理ですから・・・
    お互いの立場の違いこそを尊重して社会は成り立っているのではないでしょうか?
    しかし…
    戦争反対!対話で解決を!と訴える人達ほど、対話に向いてないのも世の常ですが…

    以上、佐渡暇人放送でした。




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    時間のない方は、アメブロにて概要を先にお読みください。
    ~以下本文~
    相変わらず、この天才バカは酷い!!
    ▼新潟日報も、あたかも石崎徹が悪いかのような記事を書いている。
    niigatanippouishizakihihan
    引用元:平成29年11月21日(火)の記事/新潟日報モア参照
    ▼私の見解ツイートまとめ。
    【長文になるため、ツイートで書ききれなかったことを補足】
    今回の米山知事にしかり、野党系の政治家という生き物は・・・
    いつも自分達が正しいと、議論を求められても拒否して叩くしか脳がない!!
    物事には、色んな見方があるし、机上の空論と現実社会の構図の乖離は付き物。
    なのに・・・
    憲法・法律の条文上こうなってるから、全てこれに合わせろみたいな主張では、
    現実に則した憲法改正や法改正なんかできないし、それこそ国会の存在意義はない。
    そして、意見が対立した相手から意見交換を求められても、自分と意見が違うからと。
    意見交換には応じず、今回みたいに一方的に訂正・撤回だけを求めてくる有様!!
    どの口が「日頃から、十分な議論・対話で解決を」と言っているのだ?
    全く、風が吹けば桶屋が儲かる論でしかないのである!!
    よっぽど、反自民の連中の方が、安保法制=戦争法だなんてデマを撒き散らしている。
    結局は、勉強できるバカの机上の空論の受け売りでしかないんだよね?www
    学者ならば、うんちくで飯食ってるから、それはそれで構わないのだが・・・
    政治家は現実を掌るのが仕事なので、うんちくばかりで堂々巡りでは非常に困る。
    理想論は確かに大事だし、ウソついているとは言わないのだが・・・
    自分達も主義主張をするのであれば、相手の主義主張も認めるのが筋だろ!と言いたい。

    てか、今回の石崎徹に対しては、自分がかつて自民党から出馬しても落選し続けて、
    国会議員になれなかった人間の、負け犬の遠吠えでしかないんだよね?www
    そんでもって、県知事になるためには、反自民の野党共闘側から出馬し当選。
    結局、自民党が優位だった時代には自民党から出馬して、民主党に一度政権を
    奪われて以来は、すっかり野党共闘側に回ってしまった。
    まあ、私みたいに逆パターンもあるが?w
    私は民主党には騙された1人で、事業仕分けで実害を食らった。
    そんなときに、石崎徹氏に出会い、自民党支持に私は転向した!!
    ▼関連ソース
    こういう実体験があるからこそ、米山県知事は学説上は正しい机上の空論だと私は指摘する。
    今度は、選挙に勝つためには野党側に担がれる、考え方を変えたと詭弁。
    だから、別に鞍替え出馬そのものを否定する気はサラサラ無い・・・
    ただ・・・
    みっともねえなあ~と感じるだけである。w
    情報弱者は騙せても、我々みたいに常に検証している人間は騙されません。
    一度民主党に騙されて、事業仕分けで実害まで食らった私は、もう絶対に騙されない!!

    表の数字だけで、今後、どう経済を回すか?
    を石崎徹氏は、国全体を考えてこそ、地元選出議員として、その一貫で新潟の現状をも
    考えているのですが・・・
    法律系試験の講学上の机上の空論から、弁護士の米山知事は抜けれないようです。
    学者・弁護士でしたら、それで良いかも知れませんが・・・
    現実を掌るのが政治家の仕事ですから、机上の空論をいかに、現実的にするか?
    そのための法改正をどうするか?については、現実を見て地方の現実をも含めて
    国会で議論しなければ国全体を考えることはできないのです。
    憲法の条文云々は、加計学園問題で無茶苦茶な質疑している森裕子に言うべきです。
    ▼関連ツイート
    私は、ここまで言いたい事を書けますが・・・
    (別に、石崎徹氏の代弁をしているわけではありませんので妄想注意!!www)
    流石に現役国会議員の石崎徹氏ががこんな発言をしようものなら・・・
    今村元大臣の「東北でよかった」と同じように大騒ぎされるのが関の山でしょう。

    政治に関する考えは諸説学説上はありますが・・・
    現実を掌る政治家だから、現実に則したことをしなければならないから、将来を危惧しているのです。だから、自民党は、憲法改正・法改正も訴えているのですが・・・
    小池都知事も、おっしゃっていましたが、『この国は9条で思考停止している。」
    まさに、学者の机上の空論が政治に持ち込まれて、振りまわされているように私は思えます。
    机上の空論を優先させようという考えの議員が野党には多いし、それを悪いとは言わないし、
    勿論十分な議論は大切ですが…
    その野党が議論に応じられず政権奪還のための、風が吹けば桶屋が儲かる論ばかりを展開し、
    国会空転してしまっているのです。
    米山隆一新潟県知事も同じ穴の狢です。www

    【まとめ】
    yoneyamaryuichibaka

    米山隆一新潟知事は自分は国政についても好き放題SNSに書いているくせに、
    地方自治には口出しするなみたいな、反論を平気で国会議員に対してはする。
    意見交換を求められても拒否して、一方的に記事の訂正を求めるような行為を。
    「風が吹けば桶屋が儲かる論」と言わず何と言えよう・・・
    米山知事の主張も一意見として十分に尊重すべき部分はあるから、全否定はしないけれども…
    こういう、捨て台詞吐いて逃げるような遣り方は、社会人として| ゚Д゚| ノ イカガナモノカ?と。
    ▼関連ソース



    まだまだ、書きたいことはありますが、また別の機会に・・・。
    以上、佐渡暇人放送でした。 

    このページのトップヘ