佐渡暇人放送のきまぐれBLOGです。
ニュースやTV番組のツイッター実況などを元に主に構成されます。

佐渡暇人放送-備忘録 LD版

真面目な政治経済から助平な政治経済まで書き綴ります。 ツイート上限回避のために、まとめとしても活用します。 尚、アメブロがR18カテゴリーが無いため、こちらと併用しておりました。
佐渡暇人日記(アメブロ版)

佐渡暇人放送禁止日記過去ログ

佐渡暇人放送@性時経済BLOG(過去ログ)

佐渡暇人放送公式HP
管理人@佐渡暇人

    真面目な政治経済から助平な性事経済まで語る。佐渡の暇人のおっさんです。BLOGは幅広く書くために、アダルトカテゴリーになっておりますが、アダルト広告の表示はご容赦ください。

    米山県知事

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    またまた、米山知事がヤらかしちゃいました。www

    【ツイキャス放送後アーカイブを貼ります。】

     
    放送の元ソースはコチラ
    以上、佐渡暇人放送でした。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    一昨日の新潟日報の記事にもとり上げられた、石崎徹氏への風が吹けば桶屋が儲かる論。
    ▼まだ、お読みでない方はコチラ
    関連する、根本的な原因を探るべく、米山隆一氏の過去のBLOGを検証していたところ・・・
    ▼県知事選挙の頃から既に、風が吹けば桶屋が儲かる論が展開されていた。
    【米山隆一氏の問題点を解説】
    相手候補の一つの売りが、「国から補助金をとってこれる。米山は補助金が取れない。」
    だそうなので、一つ反論させていただこうと思います。
    ⇒これの反論はわからなくもない。
     まだ、実際に県知事として補助金申請してないのに決め付けるなと言いたいだろう。
     これについては、対立候補は、長年の公人としての驕りによる発言だと私も思う。

    ただ・・・
    その反論は兎も角として、次の内容が非常に誤解を招く内容である。

    「自治体が国からもらう補助金をとった経験は勿論私はありませんが、民間が国からもらう補助金であれば、私は、弁護士業務の一環としてクライアントから依頼されて、結構倍率の高い補助金の申請書を作成し、無事補助金を得てクライアントから感謝された経験が複数あります。」
    ⇒この書き方は、相手候補の「国から補助金をとってこれる・米山は補助金が取れない」と同次元。
    相手候補は、自分の政治家としての経験値で感覚的に発言している。(勿論、根拠は不十分)
    しかし、米山知事も、自分の弁護士としての経験値で感覚的に発言している。

    しかも、次の発言は誤解を招く虞がある。

     補助金はそもそもの制度として、何かパイプがある特定の人にだけ取れるようなものではなく(それでは不公正な行政になってしまいます)、制度趣旨をよく理解し、担当官公庁に自らのプロジェクトを適切に文書に落としてプレゼンテーションする能力があれば誰にでも取れるもので(そうでなければ困ります。)、多少自画自賛的になりますが、私はその能力はかなり持っていると思います。
    ⇒制度趣旨をよく理解し、担当官公庁に自らのプロジェクトを適切に文書に落としてプレゼンテーションする能力があれば誰にでも取れると書いてありますが・・・
    誰にでも取る事はできません。!!これこそ、事実誤認であり訂正すべき!!

    企業の補助金申請について、行政書士とやりとりする立場にあった私に言わせると…
    お役所関連の書類作成については、必ずしも100%申請が通るとは限らない。
    補助金なんてものは、限られた予算で行政裁量の範囲も幅が広いから必ず貰えるものではない。
    申請してみないとわからないものを、プレゼンテーションする能力があれば誰にでも取れる。
    なんて言い切ることは、米山氏の個人の感覚でしかない!!
    あたかも、100%私は通してきたみたいな印象操作が受けられるから、これこそフェイクだ!!
    事務方で、それなりに仕事任せられていた人間から言わせると、子供だましでしかない。
    かつて自民党から擁立されるも落選し続けてきた男の嫉妬・僻みとも取られかねない!!

    【まとめ】
    yoneyamabaka2

    県知事になる前、なってからの言動を私は静観して参りました。
    そこで、米山県知事の長所と短所を見極めることが、ある程度できました。
    立場が変れば、物事の解釈・見方・進め方が異なるのは当然の事。
    政治家経験者の目線での発言を、弁護士目線だと反論してしまいがちなのだ。

    もう、やってることが検察と弁護士の法廷闘争そのまんまなんですよね・・・
    政治は、裁判官が判断するのではなく、国民が判断するのだ!!
    その論点をいつも、差し替えてしまう傾向にあるのも職業病なのだろう。
    こうやって米山知事の発言を検証する度に、つくづくそう思う。

    が、しかし・・・
    今は、弁護士ではなく政治家なのだ!!
    (このBLOGの時点では、まだ候補ではあったが・・・現時点での私の判断です。)

    人間、簡単に切り替えろというのは難しいけれども…
    切り替えなければ、勉強できるバカと笑われて終るだけです。
    それが切り替えられないのであれば、弁護士に戻って手腕を発揮すべきです。

    見事な屁理屈・見事な風が吹けば桶屋が儲かる論!!頼もしい!!
    弁護士としては優秀だと思うし、こういう先生に仕事は依頼したいと思う。
    これは、イヤミではなく、イデオロギー云々は別として、私の本心・本音です。!!

    でも、政治家は中立性を保たなければならないので、偏りすぎは問題だと思います。
    それは、どの政治家にも言えることですけれども、バランスが大事だと思います。
    米山知事!政治家やめて弁護士業務に戻ったらどうよ?
    弁護士としての仕事があれば政治家にならないかもしれませんが・・・
    なんて、バカにした意味ではないので誤解なきようお願いします。

    素直に、絶対にそのほうが先生の能力発揮できると私は思っているのです。
    弁護士上がりの政治家は米山知事に限らず、そういう人たちが多いと私は思います。
    そこが、短所であり長所であるが、それは致し方ありません。
    逆に、私に弁護士になれと言っても無理ですから・・・
    お互いの立場の違いこそを尊重して社会は成り立っているのではないでしょうか?
    しかし…
    戦争反対!対話で解決を!と訴える人達ほど、対話に向いてないのも世の常ですが…

    以上、佐渡暇人放送でした。




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    県知事たるものが、一々批判して歩くか?普通www

    てか、日頃から「憲法憲法、権利、権利」言うならば?

    高須先生だって思想・言論の自由が保障されるべき権利だろ?

    一体、何を言ってるの?www

     

    一々、人の考えを引き合いに出すような書き方しかしやがらねえ。
    自分の考えが正しいと思うのであれば、色んな考えがありますが・・・
    私は、こういう考えですだけでいいじゃねーか!!


    yoneyamatakasuhihan

    記事全文はコチラ

    以上、佐渡暇人放送でした。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    昨日は、米山隆一知事のBLOGについての見解を書きました。

    ▼お読みになってない方はコチラ

    まず、お時間のない方はアメブロを斜め読みされることをお勧めします。
    ↓アメブロはコチラ↓

    ~以下本文、リンク先までお読みになると1時間程度掛かると思われます。~

    参議院議員の和田政宗氏のツイッターへの反論を改めて検証してみました。
    yoneyamawadamasamune

    ▼動画が出回っておりましたので視聴してみました。

    ▼和田政宗議員のアメブロで更に検証しました。
    ▼米山知事はBLOGOSの記事を引用ツイートして反論した模様

    【私の見解】
    このように、私は昨日は米山知事のBLOGを読みました。
    米山知事のBLOGは、はっきりいって屁理屈でしかありません。
    昨日、ツイッターでツイ友のアルルさんと米山知事連名リプで語り合いました。
    勿論、知事からの返答はありませんでしたが・・・
    ▼Togetterにまとめました。
    米山知事の受け売り?法律根拠は?とか屁理屈が、toggetterにコメントされましたが・・・
    yoneyamayougokichigai

    そして、今日は和田政宗議員のBLOGを読み、動画ニュースも視聴しました。
    今回の事に関しては、和田政宗議員が正しいと思います。
    和田政宗氏は東京都政の小池都知事に関しては、検証不足で結論がムチャクチャなので、
    報道特注の放送内容について、私はDisっておりましたが、それはそれ!これはこれ!です。
    建設業界の実務経験がないから、和田政宗氏は知識不足で、魚屋のおっさんの言葉を信じ、
    それが間違いないと思い込んでいる情報弱者の1人であるから致し方ありません。
    ▼和田政宗Disりのツイート(テレ東太郎垢にて)
    ※テレ東太郎とは・・・テレビ東京のニュース中心にチェック・実況するアカントです
    私も、建設業界の実務経験がなかったら、同じようにアンチ小池になってたかも知れません。
    (建設業界の実務経験があっても検証を怠ると結論がムチャクチャになります)
    ▼かつての失敗はコチラ
    でも、国会議員なんだから、一般の国民ならまだしも・・・建設業界の実情がわからないと、
    政治家としても、イデオロギーの主張だけで終ってしまう懸念が考えられます。
    これが、極左のアホアホ民進党議員だったら、もっとやって墓穴掘れで終わりですが・・・
    和田政宗議員・足立康史議員については、国会での質疑の内容などを参酌すると・・・
    間違った方向に認識して動いてしまっている事を残念に思っているから書いているのです。
    豊洲の件についての、無知ゆえの認識違いによるムチャクチャな結論についてはDisっても、
    それ以外については、ほぼほぼYES!で私は賛同しておりますことを改めて意思表示致します。

    【まとめ】
    法律に書いてなければ何しても良い!!
    法律に書いてなくても守るべきモラルというものがある!!
    こんな、米山都知事みたいな屁理屈が通るわけがない!!
    上下に和田氏と米山氏のツイートを並べると一目瞭然である

    yoneyamawadamasamune



    米山氏は、医師・弁護士の資格を有する天才肌であることは認めます。
    が、しかし・・・
    医師・弁護士が弱者の人権を踏みにじるようなことをして良いのでしょうか?
    ▼点字ブロックは裁判の結果、設置が重要視された!!

    当時の司法試験には出題されなかったかもしれませんが・・・
    ここまで、点字ブロックについて語るのであれば、法律の条文云々も結構だが・・・
    判例法で通説も変ってくるのだから、条文は条文、判例は判例として検証した上で、
    発言しないと、せっかく医師・弁護士の資格保有者ゆえに、一般の我々と違って、
    赤っ恥をかくだけですよ? アカだけに赤っ恥www 
    米山知事も、医師・弁護士であるならば、コーランに書いてないから何やってもよいと、
    テロ起しまくるイスラム原理主義者みたいな発想ではなく、私みたいにバランスの良い
    リベラルな発想を持ちたまえ!!

    以上、佐渡暇人放送でした。






      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    米山隆一氏が県知事になって新潟大丈夫か?と。

    正直、半信半疑な部分はあったけれども・・・

    なればなったで、それなりに仕事はやっているようだ。

    少なくとも、極左の基地外の泉田前知事基準にすればマトモ。w

    中々、米山知事は天才肌だと思う人は思うのではないだろうか?

    ▼米山知事は北朝鮮ミサイルに注意喚起している。

    米山隆一県知事の支持母体はヤバイwww

    県知事選挙に米山隆一氏を担ぎ上げるだけ担ぎ上げて・・・

    いざ、県知事になったら、米山県知事の応援をしていないのでは?

    ▼カンパ募集しかしてないようだ・・・


    まあ、地方分権だから、国会議員は直接関与しないだろうが・・・

    こういう機器の場合は国と地方の連携が必要不可欠である。

    特に、還付金詐欺で新潟地検に告発状受理された森裕子は酷い。

    ▼デモしかやれないみたいね。www

    ▼森ゆうこの還付金詐欺事件
    ▼新潟日報も米山知事の件は報じている
    ▼マジに佐渡にTHHAD配備したほうがいいんじゃね?と思う。

    【まとめ】
    yoneyamachijikitacyousen1

    自民党員の私としては、森たみお氏を応戦していたが・・・

    なればなったで、米山県知事でよかったように思えますね。

    支持母体が酷いけど、当選しなきゃ、ただのおっさんwww

    現実見たら、新潟は新潟日報に毒漬けられている被害者が

    非常に多いので、まず多数派を取り込まないと政治はできない。

    なんか、アカをも上手に利用してる小池百合子都知事と似てる

    ようにも思える。(タイプは違いますけどね。w)

    ▼アメブロも同時公開中
     ↓こちらをクリックしてお読みください。↓

    以上、佐渡暇人放送でした。 

     


     

    このページのトップヘ