佐渡暇人放送のきまぐれBLOGです。
ニュースやTV番組のツイッター実況などを元に主に構成されます。

    民主党

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    私は、元民主党・西村智奈美支持者であったことはSNSでオープンにしてきた。
    西村智奈美・菊田真紀子をDisることはあっても、鷲尾英一郎を直接Disったことはない。
    何故ならば・・・
    私個人としては、鷲尾英一郎だけは、マトモな民主党・民進党議員だと思っていたからだ。
    ▼その根拠を示せるニュースが目に付いたのでツイートした。

    ▼他の議員はホントに酷い!!

    【ツイートの真意を補足】
    政党に所属すると、党議拘束されて、多数決で決まった事に従わなければならない。
    (世間一般の常識からしても、会社の方針に従うのは当然だから同じことである。)
    しかし、ワシは鷲尾英一郎氏だけは、元民主党(民進党)だけども違うと思っていた。

    なぜならば…
    これは、あまり知られて居ませんが・・・
    甲斐前佐渡市長の選挙応援に鷲尾英一郎氏は回っていたのです。
    (私は甲斐前市長の選挙運動に参加した、私の言葉を信じてもらうしかありませんが…)
    本来、民進党だったら自民党と近い人物を応援するなんてことは考え難い。
    ましてや、野党共闘で安保法は戦争法だ!!共謀罪阻止!!なんて時ですから・・・

    先回の佐渡市長選挙は、残念ながら無所属と言う名の共産党と懇ろの三浦が当選したが…
    甲斐前市長も無所属であったが、自民党の細田健一氏とうまくやりとりをしていた。
    ところが、三浦新市長になってから個人的感情優先で自民党に忖度を図ろうとしない。
    忖度は、森友問題・加計学園問題で悪い印象が与えられてしまっているが・・・
    地方の実情を国から予算引張る為に、大事なお願いする首長としての大事な仕事なのです。

    結果として、中々予算も決まらず引張れず、地元の土建屋は泣かされてしまっています。
    何でもかんでも節約で、国がせっかく予算付けてくれると言っても忖度しない結果です。

    このまま野党系議員が自民党が嫌いだからという個人的感情を優先し続けてしまうと・・・
    国から予算がどんどん回ってこなくなる虞があると、自民党の石崎徹氏も危惧しております。
    米山知事は論点差し替えて、風が吹けば桶屋が儲かる論を展開しておりますが・・・
    ▼関連ソース
    このように、鷲尾英一郎氏は民主党(民進党)所属でありながら違ったのです。
    10月の解散総選挙で無所属で出馬した人達の中には鷲尾氏と同じような人は居ます。
    これは、各選挙区の有権者の皆さんも、薄々感じているのではないでしょうか?
    まあ、あまりにも民主党政権が酷かったから、中々疑念は拭えませんけどね。w

    【まとめ】
    washioeiichirou

    『木を見て森を見ず』になってしまうのは、今の政局が混乱しているから無理はありませんが…
    政治家個人のHPや活動を個別に見て判断するということを考えてみては如何でしょうか?
    鷲尾英一郎公式ホームページ
    選挙区の関係で、お互いに票を食い合わないように、自民党から本当は出馬したかったが…
    仕方なく、民主党から出馬した人は鷲尾英一郎氏だけではないと思っております。

    鷲尾氏が小選挙区で自民党の細田氏に勝ったことは素直に祝福しております。
    washiohosoda
    細田氏は残念ながら小選挙区では負けましたが、相手が共産党ではなく鷲尾氏でよかったです。
    自民党県連関係者から、こんな発言ばかりしてると、ブーイングきそうですが…
    私は、鷲尾氏は,自民党の細田氏と、協力し合って国政を進めることを願っております。
    選挙は激しく戦っても、当選したら国民のために協力するのが政治家の責任だと私は思います。
    意見の対立はしても、決まった事には従って協力してもらわないと立憲主義に反します。
    以上、佐渡暇人放送でした。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    共産党みたいな言い方になるかもしれませんが・・・
    『入札制度改革ではなく、入札制度改悪だ!!』
    koikeyurikonyusatuseidokaiaku

    『小池百合子は入札制度改革で地元の建設会社を倒産させる気か?』
    と私は真剣に思っています。
    これは、民主党政権の事業仕分けよりもヤバイ!!
    確かに、合法的なヤリカタですので、これを罪に問うようなことはできません。
    だが…『合法=飯食える。』ではありませんから…阻止しないと危険です。
    これが、先例となり全国の自治体に飛び火したら大変な事になる。!!

    ▼関連ソース
    流石に、今回ばかりは小池百合子を批判せざるを得ない。
    こんなことが先例になって全国の入札制度が一新されてしまったら・・・
    民主党政権の事業仕分けの二の舞止まりで済めばよいが・・・
    と言うくらいに深刻な問題なのです。!!
    これは、建設業界で飯食ったことがない一般の都民には想像付かないのは無理ありませんが…
    なんでもかんでも、総合的な表の数字だけが改善されれば良いわけではないのです。
    これじゃ、低入札で業者はイジメられてしまって、長時間労働が強いられてしまいます。
    バーチャル経済には、カイロ大学を出ていて長けているかもしれませんが…
    ここはカイロではない!!日本だ!!建設資材の多くは輸入に頼っているんだ!!
    相場物を扱っているのに、幅を持たせないようなギリギリの低入札を強いてしまったら、
    最初っから、赤字なのを分かってて入札するバカは居ないのだから、入札辞退するに決まっている。
    現に、豊洲移転の入札が業者辞退で不調に終っているではないか!!
    小池都知事になって、確かに良くなった面も都庁のHPを見る限りは増えてきてはいます。
    ▼関連ソース

    だが…
    今回の入札制度改革で、間違いなく豊洲市場問題は再アセスメントが終って開場できることに、
    なったとしても、肝心な工事する業者が居なければ、本末転倒である。
    ▼関連ソース
    正直、建設バブルの新進党時代前後の時代遅れな感覚で小池百合子は考えている。
    人が飯食えなかろうが関係ない、値切って安くできれば、それでよい。
    この値段でダメならば、他に業者探すから良い!!というような傲慢経営だ!!
    しかし、合法的だから法的に罪に問う事はできないが…
    そんなことしてたら、誰も相手にしなくなることは、世の常である。

    【まとめ】
    これまで、小池百合子都知事に関するデマを暴いてきた。
    ▼関連ソース
    だが・・・
    今回ばかりは、デマではなく事実だから小池百合子のやり方に警鐘を鳴らさざるを得ない!!
    ▼関連ソース
    以上、佐渡暇人放送でした。 

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    民進党の残党はホント寄生虫ですね、www
    一昨日のBLOGに書きましたが・・・

    小池百合子の発言と食い違いが生じていると。

    なのに、報道タイトルを鵜呑みにし、アンチ小池は大騒ぎ!!

    引用元の動画ニュースを見ずに脊髄反射しまくっていた。

    ホント、パヨクと変らんぞ?頭が悪すぎる!!

    ▼昨日のBLOGはコチラ


    ホイホイ着いていって、大量排除・落選したら小池の所為!
    ホント、コイツら糞としか言い様がない!!
    アカく染めようとしても、そうは問屋が卸さねえよ!www
    小池百合子を甘く見ないほうがイイ!!

    yunokibaka

    それにしても、偏向報道に同調して、小池叩きしているネット保守も、
    改憲勢力減らすようなことに加担して、安倍総理の脚を引張ってる事
    を気がつかないなんて・・・
    無党派層ドン引きでパヨクと変らないんだけど?www
    自民党員としてホントこういう人たちの存在が迷惑!!
    早く、目を覚ましてもらいたいものだ!!

    記事全文はアメブロにて

    以上、佐渡暇人放送でした。 
     

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    私も、かつては平和ボケだった。

    憲法9条を守って対話で根気欲く解決を試みるべきだと思っていた。

    (かつて、民主党・西村智奈美支持だったことは後述)

    だが・・・

    北朝鮮も、金正恩体制になってから、異常な事態になってきている。

    この現実を鑑みると・・・

    kimujyonunsuibaku2
    ▼机上の空論じゃ、解決する事は出来ないと確信した。





    このように、平和を訴える人達の矛盾点を感じるようになった。

    こればかりが原因ではなくして、私は自民党支持へと転身した。

    これについては、賛否両論だろうが・・・

    ▼その経緯と理由の詳細はコチラ




    だが・・

    今でも、民主党出身者の西村智奈美・菊田真紀子両氏については、

    一定程度は、善悪は兎も角として私は認め続けてはいる。

    ▼その詳細についてはコチラ


    このような物語があり、私は自民党員となった。

    ▼今回の『国難突破解散」の意味を重く受け止めている。



    記事全文はアメブロにて

    ※この国は自由選挙につき、投票を強制する意図ではありません。

    以上、佐渡暇人放送でした。 




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    まあ、ホント民進党ふざけるなよだ!!

    散々、安保反対だの共謀罪反対だの森友だの加計だのと、

    国会を空転させまくってきたくせに、希望の党にコロっと鞍替え!!

    anpohantaiminsyu

    おまエラに政治の信念ってもんはないのか!!

    そう思うのは至極真っ当であり、人間としては正しい道だと思う。

    希望の党は極左が入り込んでヤバイ!!気をつけろ!!

    そう思って、警鐘を鳴らす人達の行動も間違っているとは思わない。

     

    だが・・・

    これはこれで、ズルイ考えだけどアリじゃないか?


    安保反対を賛成にころっと転じるアンポンタン連中を、

    小池百合子が上手く転がして、憲法改正に持ち込めたら、

    御の字ではないか?


    そう思わないと、この政局は正直見えてこないだろう。

    長年、報道に携わってる人達ですらも首を傾げているから、

    中々一般有権者も見え難いとは思うのだが・・・

    kibounotoukoike
    常識の概念を外すと見えてくると思います。

    プロのジャーナリストではなく、素人だからこそ見えてくる。

    しかも、ドロドロなブラック企業・インチキマルチビジネスを

    私は経験しているから、腹の探り合いでしたからね。w

    こんな人生送ってなければ、私も見えなかったと思います。

    記事全文はアメブロにて

    以上、佐渡暇人放送でした。

    このページのトップヘ