佐渡暇人放送のきまぐれBLOGです。
ニュースやTV番組のツイッター実況などを元に主に構成されます。

    新潟日報モア

    米山隆一新潟県知事の今回の発言は、別にたいした問題だと私は思ってはいない。

    けど、日頃からの行いが悪いから、こういう火花が散るのは自業自得だと思う。

    【ツイキャス放送後、アーカイブをアップしますた。】

    放送の元ソースはコチラ
    以上、佐渡暇人放送でした。 

    時間のない方は、アメブロにて概要を先にお読みください。
    ~以下、記事全文~
    全国ニュースは…
    気がついたら、ほぼ加計学園1色に最近の報道はなっている訳だが…
    加計学園問題も、実はシンプルで、何も揉ます必要性なんて無い!!
    やればやるほど、墓穴掘るだけな話しで、お腹いっぱい。www
    ▼関連ソース

    一方、地元メディアも反自民色が改選後そんなに気になるほどではないが…
    逆に、政治ニュースに消極的な姿勢になりすぎても困るわけで…
    ニュースがないのであれば、過去のニュースを振り返ってもイインジャマイカ?w
    そう思って、過去のネタを穿り返して整理してみました。w

    【新潟の政治家に関するニュースをまとめてツイート!!】
    ▼その後、どうなんたん?①
    ▼その後、どうなったん?②
    ▼普通は逮捕だろ。www
    ▼悲しいかな、この程度じゃ逮捕されない現実・・・
    ▼米山知事、法律教えてあげて!!www
    【まとめ】
    ahobaa1

    今後は、封印されたニュースを風化させないように過去BLOGをツイッターで回すしかない。
    そう思う今日この頃です。
    以上、佐渡暇人放送でした。 

    今回は、本当に残念だった!!
    kanekomegumirakusen

    【この選挙戦のポイントを振り返る】

    今思えば・・・

    ホント、この選挙戦は苦戦を虐げられてきた・・・

    ▼悪質且つ陰湿な選挙妨害にも遭った・・・


    残念ながら自民党は、金子めぐみ氏だけが落選してしまった。

    だが・・・

    金子めぐみ氏は、石崎徹君同様に30代でまだ若い!!


    この先4年(解散があれば4年とは限らないが…)

    育児休暇だと思って、親子3人の時間を大切にしつつ、

    次の選挙にそなえて充電していただきたいと願います。

    記事全文はアメブロにて

    以上、佐渡暇人放送でした。

    当初、比例当選確実からテレビ報道されたがために。。。

    非常に、精神的苦痛を一次的には感じたものの・・・

    比例でフッカツダー!!(゚∀゚ )三 三( ゚∀゚)フッカツダー!!

    ishizakitoruhireifukkatu20171022
    この選挙戦のポイントを振り返る。

    記事全文はアメブロにて

    比例でも当選は当選だ!!

    石崎徹が衆議院議員であることには代りはない!!

    本人もあと50年議員やる気なら小選挙区復活に期待できる!!

    以上、佐渡暇人放送でした。

    思わず、応援歌を作ってあげたくなっちゃいました。

    譜面も読めなきゃ楽器も使えないけどね。www
    ishizakitooru33sai3kime

    巷では、事実無根のパワハラ・セクハラデマが横行している。

    最高裁判所も、公益性のある内容であれば、例え誤信であっても、

    頑張って取材したから許してあげる判決を出してしまったもんだ・・・

    そりゃ、ガセネタ掴まされてもお咎めなしなら、裏取りもロクにせず、

    裁判起こされても、この 夕刊和歌山時事事件最高裁判決が免罪符

    になるから、そりゃ~インチキ記事も書きたい放題だよね?www

     

    彼は、元国家公務員だから、その判例を当然に知って居る。

    だから、裁判も起さず、黙って耐えている。

     

    そして、昨日は安倍総理が来県して応援演説中にもヤジが!!

    ▼詳細は昨日のBLOGにて




    もう、こんなことばっかり続くので、私はある意味嬉しい!!

    だって、それだけ脅威に感じているって事じゃないか!!

    ここで、関連する選挙妨害をも含めてもう一度整理しました。

    『自民党が嫌いでも石崎徹を嫌いにはならないでください。』
    記事全文はアメブロにて

    ※この国は自由選挙につき、投票を強制する意図ではありません。

    以上、佐渡暇人放送でした。 


    このページのトップヘ