佐渡暇人放送のきまぐれBLOGです。
ニュースやTV番組のツイッター実況などを元に主に構成されます。

佐渡暇人日記

真面目な政治経済から助平な政治経済まで書き綴ります。 ツイート上限回避のために、まとめとしても活用します。 尚、アメブロがR18カテゴリーが無いため、こちらと併用しておりました。
佐渡暇人日記(アメブロ版)

佐渡暇人放送禁止日記過去ログ

佐渡暇人放送@性時経済BLOG(過去ログ)

佐渡暇人放送公式HP
管理人@佐渡暇人

    真面目な政治経済から助平な性事経済まで語る。佐渡の暇人のおっさんです。
    ツイッターの情報を中心に、二番煎じのまとめを作っております。w
    尚、1日の最終まとめは、TWILOGを辿ってお読みくださいい。
    http://sadohimajinhousou.blog.jp/archives/30092246.html

    放送法

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    昨日、(今日の深夜)にNHK受信料を巡るNHKの報道記事と
    最高裁の判旨の読み合わせを、ツイキャス放送し、BLOGも書きましたが・・・
    NHKは、自分のところの都合の悪い部分は一切報じませんでしたので、その補足放送を致しました。

    【ツイキャス放送アーカイブ添付致します。】


    放送の元ソースはコチラ
    以上、佐渡暇人放送でした。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    速報のヘッドラインだけを読むと、無制限にNHKの主張が認められたかのように思えるが・・・

    その後、判決の内容について大枠でWEB版では報じていたようだが・・・

    こんな書き方じゃ、法律の知識が最低限ない一般の国民には、ワケワカメ状態である。

    【ツイキャス放送致します。】

     
    放送の元ソースはコチラ
    以上、佐渡暇人放送でした。
    【追記】
    一部、NHKの印象操作報道が発覚致しましたので、補足BLOGを書きました。

    コチラをクリックしてお読みください。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    時間のない方は、アメブロにて概要を先にお読みください。
    ~以下、本文~
    電波オークションについて賛否を問うツイッターアンケートに回答した。
    ▼該当ツイート
    ▼私は、他に意見のある方に一票投じた。
    denpaoukusyonanketo
    【私の見解】
    基本的に反対ではないが…表現の自由は別問題。
    放送法4条・電波法の条文を取り上げて、道徳的な解釈をしても正直意味がない。
    なぜならば…
    今の偏向報道が許されているのは、最高裁がトンデモ判決を出したからだ!!

    厳密に言うと…
    私の判例解釈の説明は正しくないと法学者・法律家には言われる虞がありますが…
    平たく言わないと、世間一般の常識を備えている普通の国民は理解できませんので、
    このように、あえて表現させて頂きます。
    『例え、誤信があってデマ報じても、公益性のある内容であれば頑張って取材したから、
    表現の自由を尊重して許さないと、萎縮して報道できなくなると困る。』みたいな?
    結果的に、最高裁はフェイクニュースでも公益性のあるものは名誉毀損にあたらないと。
    つまり、印象操作・偏向報道は表現の自由でOK!!という判決を出してしまったのです!!
    参考ソース:夕刊和歌山時事事件最高裁判決

    この、夕刊和歌山時事事件最高裁判決が判例変更にならない限りは・・・
    これで完全に偏向報道問題が解決するとは思えない。
    判例変更するには最高裁の大法廷で裁判官全員一致しないと無理なので…
    かつて、行政訴訟で判例変更に至ったケースはあるものの…
    新判決が出るまでに40年くらい掛かっていますので…
    正直、現実的ではありません。

    また、こんな裁判もありました。
    創価学会の板まんだらが偽物なので金返せ!という裁判がありました。
    参考ソース:板まんだら事件最高裁判決
    こちらも、私の判例解釈の説明は正しくないと法学者・法律家には言われる虞がありますが…
    平たく言わないと、世間一般の常識を備えている普通の国民は理解できませんので、
    このように、あえて表現させて頂きます。
    『偽物かどうか?法律に書いてない。信教の自由が憲法上保障されているから判断できない。』
    として、原告の訴えを判断できませんと最高裁判所は逃げてしまったのです。

    その後、この裁判の原告がどうなったのか?までは判例集に掲載されてないのでわかりませんが…

    よって、法制度による電波の有効活用と表現の自由は全く別問題なので基本反対ではないが…
    これをやったからと言って、印象操作・偏向報道が出来なくなるとは到底思えないのです。
    何せ、裁判官は一般社会の常識ではなく、憲法と法律のみに拘束されるのですから…
    現行憲法が改正されない限りは無理ですね。という見解に至ったのです。

    【まとめ】
    「印象操作・偏向報道は犯罪だ!!」という見解は道徳的に正しいと思う。
    しかし…
    この国の法律系の試験・公務員試験はアカい学説で試験受けさせられますので、
    これじゃダメだから、安倍政権は自民党憲法改正草案に道徳も盛り込んで居るのですが…
    憲法学者や弁護士は、憲法いや、法そのものに道徳を盛り込むことに反対なようです。
    ▼この本を読むとよくわかります。

     



    常識的な感覚で六法引いて法律を解釈することは、非常に素晴らしいのだが…
    悲しいかな、世間知らずな法曹界の人たちには一般常識が通用しません。
    法という机上の空論の世界でしか社会に出ても生きて来れなかったのですから…
    この現実を知ってから、私は、アツくなれなくなってしまいました。w
    憲法が改正されない限りは、無理だという諦めと言うか?割り切りと言うか?
    今までの私は何にアツクなっていたのだろうか?とも最近思うようにもなりました。
    以上、佐渡暇人放送でした。 

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    今日、6月1日は電波の日!!
    電波の日と言えば・・・
    この方を忘れてはならない!!
    「電波止める」発言の第一人者!!

    denpatomeruzokoshiichi

    ▼総務省より電波の日に関する案内

    【総括】※内ゲバで頃す訳ではありません。www
    放送法だけでなく、電波法もこの国には存在する。
    アマチュア無線でさえ、遊びの世界であっても、
    電波法が試験に出てくるというのに・・・
    勝手な法解釈で、憲法の表現の自由だけを主張して
    公共の福祉を完全に無視して偏向報道を繰り返す
    有害電波は、免許制なんだから取消し処分しても
    おかしくない話である。
    また、原発反対色が多い放送局は電波止めれば
    節電にもなるから丁度良いのではないだろうか?
    特に、テレビ朝日!!TBS!!NHK!!
    (※NHKは籾井会長になって少し改善された)
    テレビ東京を見習って、公平に報道してもらいたいものだ。
    以上、佐渡暇人放送でした。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    高市総務大臣の放送法を巡る国会での発言に過剰に反応しすぎるマスゴミ!!
    今日も、自分達の偏向報道を正当化するためにあの手この手と屁理屈をこね回していた。


    ▼実況番組:テレビ朝日・モーニングショー・そもそも総研のコーナー

    somosomosouken20160225housouhou2

    ▼実況ツイートまとめ
    【総括】※内ゲバで殺す訳ではありません。www
    まったく椿事件の反省の色が一切感じられない無茶苦茶な放送でした。
    tubakijiken

    それに、高市早苗総務大臣を目の敵にしたように批判しているが・・・
    民主党政権時に輿石東総務大臣(当時)が既に同様の発言をしている
    ことには一切触れていない。
    こうこう報道が公平性がないということを全く理解できないようだ。

    民主党と同じで、やることなすこと全てにおいてブーメラン!!
    しかも、こういう昼間の時間帯は言葉は悪いが・・・
    世間を知らないノンポリの専業主婦などをはじめとして
    ネットで検証したりしない老若男女が見る時間であり、
    報道を鵜呑みにしてしまう危険性が非常に高い!!
    夜の放送であれば世間を知っている普通に社会で活躍してる国民が
    見て、何を馬鹿な事をとなるのでしょうが・・・
    昼間は、当然のことながら大半の国民が働きに出ていますから、
    プロパガンダ放送するには一番効力があるのではないでしょうか?
    憲法学者が言うから間違いないという風に世論誘導する形である。
    が、しかし!多少なりとも憲法・法律の知識がある我々、実況クラスタ
    の目をごまかすことは出来ない!!
    憲法違反と叫ぶけれども、憲法に明記してある「公共の福祉に反する」
    という言葉が全て抜けてしまって、無制限に主張することを正当化し、
    更に裁判所の判例については、全く触れずに酷いものである。
    これが、戦前から行われてきて国民を煽って戦争になったことを
    戦後70年経過しても気がつかない国民が居ることに危機感を感じる。
    戦争反対!!人権を守れ!!と言うマスコミが国民を騙している。
    これを、テロと言わずになんと言えるだろうか?
    こういう社会問題をSNSで報じるのも、昼間テレビを見れる者の
    役目ではないかと私は、思っています。
    かつて自分もマスコミを鵜呑みにしていただけに・・・
    一人でも多くの方に気がついて頂きたいものです。
    そういう想いで情報を発信しております。
    以上、公序良俗に反するマスコミは許さない@佐渡暇人放送でした。

    このページのトップヘ