佐渡暇人放送のきまぐれBLOGです。
ニュースやTV番組のツイッター実況などを元に主に構成されます。

佐渡暇人放送-備忘録 LD版

真面目な政治経済から助平な政治経済まで書き綴ります。 ツイート上限回避のために、まとめとしても活用します。 尚、アメブロがR18カテゴリーが無いため、こちらと併用しておりました。
佐渡暇人日記(アメブロ版)

佐渡暇人放送禁止日記過去ログ

佐渡暇人放送@性時経済BLOG(過去ログ)

佐渡暇人放送公式HP
管理人@佐渡暇人

    真面目な政治経済から助平な性事経済まで語る。佐渡の暇人のおっさんです。BLOGは幅広く書くために、アダルトカテゴリーになっておりますが、アダルト広告の表示はご容赦ください。

    吉田ただとも

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    昨日、テレビ朝日・報道ステーションSUNDAY
    今朝のテレビ東京(BSJAPAN)・モーニングサテライト
    で安倍総理の昨日の一億総活躍社会実現に向けた活動が報じられた。

    ▼BLOGにまとめツイートしました。
    ▼首相官邸の公式発表
    【まとめ】
    民主党・維新の党がどんなに安倍総理をDisっても
    minsyuokadanishimurachinami20160229
    メディアが報じているから、レッテル貼りは、もう(ヾノ・∀・`)ムリムリ。
    ▼一定期間は下記の添付URLより動画ニュースが無料視聴できます。
    以上、民主・維新は相当追い詰められてるらしい@佐渡暇人放送でした。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    昨日、テレビ朝日・報道ステーションSUNDAY
    今朝のテレビ東京(BSJAPAN)・モーニングサテライト
    で安倍総理の昨日の一億総活躍社会実現に向けた活動が報じられた。

    ▼報道ステーションSUNDAY実況ツイート
    ▼ニュースモーニングサテライト実況ツイート ▼首相官邸ツイッターで報道に印象操作がないか?確認
    そこで、ワーキングプア問題を盛んに国会質疑してる野党党首の活動も調べてみた。
    ▼社民党吉田忠智ツイッター
    【補足意見】
    尚、日本共産党・民主党の各公式ツイッターも志位和夫委員長・岡田克也代表の
    各個人ツイッターでの活動報告については現時点では確認が取れておりません。
    日本共産党は、ニュースソースを元にアベノミクス批判などのツイート!!
    民主党は参議院選挙の選挙活動関連のツイートくらいしか見当たりませんでした。
    安倍総理の追い落として政権奪還することばかりに目が行ってしまって、実務が
    おろそかになってるのではないでしょうか?

    【まとめ】
    この二人の行動の違い!!一目瞭然です!!
    野党(おおさか維新・日本党は除く)は、安倍総理は、
    大企業のことしか見えていないと批判しているが・・・
    国会を通過した安保法案を戦争法案と未だに言って
    町で政府批判と賃上げを、ただ叫んでいるだけ・・・
    吉田タダトモだけに、ただの友達同士で遊んでるだけ?
    yosahidatadatomo20160228

    一方、安倍総理大臣は、一億総活躍実現対話!!

    abesouri20160228

    abesouriichiokusoukatuyakutaiwa20160228

    パート社員の現場の声を聞いて、対策すると表明!!
    ちなみに、総理の活動はテレビ朝日は報じても、
    吉田党首のデモ活動は報じませんでした。
    この御二人の行動を見て、どちらがワーキングプア
    対策になる行動を取っていると思いますか?

    町の人々に不満をぶつけるよりも、総理に直接
    不満をぶつけたほうが絶対に解決は早いです。
    現に、政権取らなければ行政活動の対応すら
    できないのですから・・・野党は国会の立法機関
    の一員でしかないので、騒ぐだけで何も結果を
    出すことができないのです!!
    ただ、動いてれば仕事した気になって傷の舐めあい
    で満足してるうちは政権取ることなんて無理です!!
    おおさか維新・日本党などのように政府を牽制して
    対案を提案するのが本来の二院制での野党の役割
    なのですが・・・全く護憲派の癖して憲法をわかって
    いません。なんなんですかね?この人達って・・・
    以上、改憲してはいけないなんて憲法には書いていない@佐渡暇人放送でした。

    このページのトップヘ