佐渡暇人放送のきまぐれBLOGです。
ニュースやTV番組のツイッター実況などを元に主に構成されます。

佐渡暇人日記

真面目な政治経済から助平な政治経済まで書き綴ります。 ツイート上限回避のために、まとめとしても活用します。 尚、アメブロがR18カテゴリーが無いため、こちらと併用しておりました。
佐渡暇人日記(アメブロ版)

佐渡暇人放送禁止日記過去ログ

佐渡暇人放送@性時経済BLOG(過去ログ)

佐渡暇人放送公式HP
管理人@佐渡暇人

    真面目な政治経済から助平な性事経済まで語る。佐渡の暇人のおっさんです。
    ツイッターの情報を中心に、二番煎じのまとめを作っております。w
    尚、1日の最終まとめは、TWILOGを辿ってお読みくださいい。
    http://sadohimajinhousou.blog.jp/archives/30092246.html

    印象操作

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    過去の被災者含めて  にしてるから酷い!! 反論・批判あったらどうぞ!! には多分返信しないけどな。w

    SnapCrab_NoName_2019-10-13_14-37-56_No-00

    続きを読む。

    以上、佐渡暇人放送でした。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    過去のBLOGから現在までを振り返ってみました。

    【16:00~ツイキャス放送いたしますた。】

    放送の元ソースはコチラ
    以上、佐渡暇人放送でした。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    昨日、(本日未明)に書いたBLOGの続報です。
    どうしても、まだよくわからないという方がいらっしゃるようなので
    私の具体的体験談をも含めてお話させていただきます。

    まあ、ここまでやりかけましたから、続編を書かせていただくことにしました。
    (これでわかららなきゃどうしようもない。)

    【概要説明動画はyoutubeにアップしますた。】

    放送の元ソースはコチラ

    以上、佐渡暇人放送でした。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    昨日、NHKが都合の良い部分だけ端折って報道したために、この裁判の争点検証に手間取りました。

    そしてNHKニュースWEB記事と最高裁判所の判例データベースの開示情報と読み比べて検証し、ツイキャス放送致しました。

    非常に、メンドイ動画でわかりにくいというツイッターで、御指摘もあったくらい、言い訳で正当化したNHKの報道でした。

    よって、一晩経過して、ポイントを整理し直し、判決結果からネットでの議論を経て今後の対処法を考えてみました

    【概要はYoutube動画を御覧ください。】

    元ソースはコチラ
    以上、佐渡暇人放送でした。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    時間のない方は、概要をアメブロにて先にお読みください。
    ~以下本文~
    あまりにも、「総理のご意向ガー!!忖度ガー!!」と、
    朝日新聞死ね級の事で「総理の説明責任ガー」で国会が空転!!
    けど、いつまでも「あるものをなかったことにはできない!!」
    遂に、自民党が証拠を出してきた!!
    ▼産経が報じたように、総理が口を開いたら全部ひっくり返えせるぞ?www
    ▼私もこの記事の存在については既にBLOGに書いてツイートもし続けてきた。
    ▼昨夜(本日の深夜0時)に、ツイキャス放送したばかりだった。
    【まとめ】
    出会い系バーがあったのに、無かった事にできなかった前川助平・・・
    朝日新聞・毎日新聞は、あるものをなかったことにして世論誘導・・・
    asahimainichinetuzoukakemondaikokkai

    日経新聞は偏向報道しなかったものの、世論調査は・・・
    これが、今の永田町アホばか列伝野党議員と多くのメディアの現状です。
    国民は、テレビ・新聞・反自民に染められようとしている・・・
    これを、国家転覆のテロ行為と言わずに何と言えよう・・・
    だから、テロ等準備罪を共謀してるから共謀罪とレッテル貼って反対したんです。
    だが、残念ながら自分で調べる気がない人に気付かせることは難しい・・・
    この国は、憲法9条で思考停止している!!小池百合子都知事の仰せの通りだ。
    何故?日本に住んでいながら、この国を貶めるような行為をするのか?理解できない。
    以上、佐渡暇人放送でした。

    このページのトップヘ