佐渡暇人放送のきまぐれBLOGです。
ニュースやTV番組のツイッター実況などを元に主に構成されます。

    北朝鮮問題


    私は自民党に大変多くの不満を持っている自民党員である。

    憲法改正よりも、経済対策が先だろ?と思っていた。

    だが・・・

    ここ最近の、北朝鮮情勢を考えると、国難突破は急務だと判断した。

    国があってこその、国民の生命だから、死んでしまっては人権も消滅。

    決して、不安を煽るわけではないが・・・

    アメリカも北朝鮮に攻撃をする懸念も拭えない・・・

    kitacyonmisairutrmpfackyou

    戦争は誰も望まないし、対話で解決できれば理想だ!!

    だが・・・

    対話ができる相手であれば、とっくに解決しているのだ!!

    いい加減に、この国の平和ボケに終止符を打たなければならない!!

    konokuniwomamorinukuabesourijimintou
    ▼私は、この六人の候補に新潟県民は託すべきだと考えております。
    記事全文はアメブロにて
    ※強い想いであり、投票強制の意図は全くありません。

    以上、佐渡暇人放送でした。









    私も自民党には不満はある。

    だが・・・

    そんな小さな個人の不満よりも、国があってこその個人の尊厳だ!!

    まずは、そこをしっかり理解することが重要ではないだろうか?

    たとえ自民党が嫌いでも・・・

    北朝鮮拉致問題・北朝鮮ミサイル問題は避けては通れない!!

    今回ばかりは、自民党に頼るしか方法はない!!

    konokuniwomamorinukuabesourijimintou

     

    現実はこうだ!!

    北朝鮮拉致問題も100%解決していない中で・・・

    北朝鮮も金正恩体制になってからというもの・・・

    ミサイルを撃ちまくっているではないか!!

    kitacyousenmisairukokunan1

    憲法9条の精神を守るという考え方は確かに立派だ!!

    私も、かつてはそういう考え方で反自民党で民主党支持者だった。

    だが…

    私はこう思うようになってきた。

    北朝鮮という国が、当代までマトモだったならば、北朝鮮問題は、

    とっくに解決しているし、9条の精神が通用するような相手ならば、

    とっくに南北統一もできているだろう。!!

    机上の空論では、この国難を突破することなんて出来ない!!

    我々は現実社会で生きているのだ!!と。

    記事全文はアメブロにて

    ※自民党への投票を強制する意図ではありません。

    以上、佐渡暇人放送でした。

    昨日、PAC3が、中国・四国地方に配備された。


    それにしても、小野寺防衛大臣は非常に迅速である。

    だけども・・・

    その反面、不安がどうしても頭に過る。

     

    その心境を歌と踊りで表現すると・・・

     

    『中国四国を狙うと思ったら~

    佐渡にめがけて打ち込みました~♪』

    chikusyou

    なんて、チャンチャカチャンチャンな話になったら洒落にならん。

     

    小野寺防衛大臣になって、稲田と違って格段に安心ではあるが・・・

    onoderaitunoriboueidaijinfukkaturoitar

    あの、犬畜生にも劣る北朝鮮の金正恩!!

    9条キチガイ共は、対話で解決しろと能天気なことを言っているが・・・

    戦争をしないという考えはものすごく立派や!!

    何か?秘策があるなら政府に協力して対話に動いてくれないか?

    例えば、電話で金正恩に対話を求めるとか?

    kimujyonunkurodenwa

    てか?ホントに対話で解決できると思ってるのか?

    頭おかしいんじゃねーのか?www

    byouinheikouyatou

    もう、完全にオカルトの世界よね?www

    戦争しろとは言わないが・・・

    自己防衛だけはしっかり、国にして頂きたい。

    そう思うのが、まともな神経の人間だと私は思います。

    続きを読む。

     

    以上、佐渡暇人放送でした。 

    昨夜、また北朝鮮の基地外がミサイルを発射した。
    kitacyousenmisairu20170728
    ▼菅官房長官会見

    稲田防衛大臣が大臣辞任の意向を受けての揺すぶりか?

    との見方も一部メディアがしているようだが・・・

    その見方も強ち否定はできないと私も思う。


    ところで、よく耳にする言葉がある。

    『憲法9条が(解決)の足かせになっている。』

    つい最近まで、私もこの言葉に納得しており、

    現に、憲法改正早期実現を!と書いてきた。


    でも、本当に9条が足かせになっているのだろうか?

    ここ最近になって、9条信者が狂い始めてメディアも何でもありの、

    安倍政権倒閣活動が激化してるのは憲法改正阻止のための行動

    だと思えば、放送法だろうとなんだろうと糞食らえ!!というような

    行動を取っている事も納得行く。

     

    そこで、これまでの国家の存亡に関わるようなテロリストの事件を、

    斜め上から検証してみたら、あるキーワードに辿りついた・・・

    (というより、ネットで情報共有してる仲間からの一言!!)

     

    それは・・・

    『超法規的措置』


    そして・・・

    私が出した、現時点での結論(新見解)。

    『憲法改正しても基地外テロリストには通用しない!!』

    kimujyonunwbs20170704


    改憲派・護憲派の極論に扇動されて提灯行列するのは・・・

    時間と体力の無駄であるということです。

    『9条』一極集中で視野が非常に狭くなっている!!

    憲法ばかり捉われると現実が見えなくなってしまう。

    だから、私は提灯行列を先に抜けさせて頂く事にした。

    改憲派も護憲派も冷静になろう!!

    ▼詳細はアメブロにて

    以上、佐渡暇人放送でした。


    このページのトップヘ