佐渡暇人放送のきまぐれBLOGです。
ニュースやTV番組のツイッター実況などを元に主に構成されます。

佐渡暇人放送-備忘録 LD版

真面目な政治経済から助平な政治経済まで書き綴ります。 ツイート上限回避のために、まとめとしても活用します。 尚、アメブロがR18カテゴリーが無いため、こちらと併用しておりました。
佐渡暇人日記(アメブロ版)

佐渡暇人放送禁止日記過去ログ

佐渡暇人放送@性時経済BLOG(過去ログ)

佐渡暇人放送公式HP
管理人@佐渡暇人

    真面目な政治経済から助平な性事経済まで語る。佐渡の暇人のおっさんです。
    ツイッターの情報を中心に、二番煎じのまとめを作っております。w

    加計学園

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    【概要解説】

    ~概要解説をお聞きになってから以下、お読みになることをお勧めします。~
    本文を読む
    以上、佐渡暇人放送でした。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    もう、年内は他に仕事する気がないようだが?w

    本来の議題は完全に無視して、全てを加計問題に!!
    こんなの委員長権限でつまみ出せ!!

    【ツイキャス放送いたしますた。】

     
    放送の元ソースはコチラ
    以上、佐渡暇人放送でした。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    子供はちゃんとみていますねえ。

    ▼昨夜のWBS実況より


    ▼今朝のモーサテ・アーカイブより



    【まとめ】

    もう、民進党はジジババの洗脳だけで手一杯だろ?www

    若手は、今のシールズ世代で終了なんじゃね?www

    r4hihankodomogiin
    ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

    ▼詳細はアメブロにて

    コチラをクリックしてお読みください。

    以上、佐渡暇人放送でした。


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    もう、野党4狂党と加担してるマスコミは・・・

    時間軸がグチャグチャになってしまって居る訳だが・・・

    これ、ワザとだろ?www

    しかも、報道機関もテレビ東京以外は、加計ありき!!

    そこまでして、憲法改正を阻止したいのか?

    これって、完全に憲法改正妨害工作だよな?www

    いや、そう解釈されてもおかしくねーから!!www

    てか、もう放送法も糞食らえの勢いだから正気の沙汰ではない。www

    ▼精神科行ったほうがイイよ。www

    byouinheikouyatou
    ▼新潟の森ゆうこも、頑張っています。(棒)


    【私の見解】

    加計学園問題より北朝鮮問題だろ!!

    あんな、うんこみてえな事案に時間掛けてんなよ!!

    (´・ω・)9 このやろう。

    ▼詳細はアメブロにて

    以上、佐渡暇人放送でした。 

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    加計学園問題は、安倍総理と加計理事長がお友達だから?

    官邸最高レベルの行政文書で、総理のご意向により、忖度?

    ということで玉木雄一郎らも主張してきたわけだが・・・

    ▼ヘ(゚д゚)ノ ナニコレ?


    ▼てか、玉木雄一郎はフジテレビで違法性がないとも語っていた。

    ▼そうなると、森裕子も時系列がおかしいことになる。

    ▼しかも、質疑内容が違法性がないことで行っている。

    ▼しかも、偏向報道を国会で加戸守行氏に暴露されている。

    【私の見解】

    tamakikakotui20100503

    もう、憲法改正阻止!倒閣!!のためならナンデモアリ!!

    コンプライアンスなんて糞食らえ!!の勢いですか?www

    byouinheikouyatou

    野党狂党ってのは野党共謀ですよ!!全く!!

    しかし、ここまでやりますかねえ・・・

    これって、内乱じゃね?www

    テロ等準備罪も、法改正して更に強化しなければならない!!

    私は、そう思います。

    皆さんは、如何でしょうか?

     ▼更に詳細はアメブロにて


    以上、佐渡暇人放送でした。 

    このページのトップヘ