佐渡暇人放送のきまぐれBLOGです。
ニュースやTV番組のツイッター実況などを元に主に構成されます。

佐渡暇人日記

真面目な政治経済から助平な政治経済まで書き綴ります。 ツイート上限回避のために、まとめとしても活用します。 尚、アメブロがR18カテゴリーが無いため、こちらと併用しておりました。
佐渡暇人日記(アメブロ版)

佐渡暇人放送禁止日記過去ログ

佐渡暇人放送@性時経済BLOG(過去ログ)

佐渡暇人放送公式HP
管理人@佐渡暇人

    真面目な政治経済から助平な性事経済まで語る。佐渡の暇人のおっさんです。
    ツイッターの情報を中心に、二番煎じのまとめを作っております。w
    尚、1日の最終まとめは、TWILOGを辿ってお読みくださいい。
    http://sadohimajinhousou.blog.jp/archives/30092246.html

    伊藤真

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    【概要】
    今日は憲法記念日なのだ!!

    bakabonkenpou

    70年も、こんな欠陥だらけの憲法を遵守してるのだ・・・

    どんだけ、日本人というのは平和ボケなんだ?www

    勿論、戦争は良くないし、私も戦争には大反対だ!!

    憲法9条を世界に広めて世界平和を!!

    という考えは非常に素晴らしいし立派なのだ!!

    しかし、それが通用しないから全世界でテロが起きているのだ!!

    話し合いで、解決できるならばとっくに解決しているのだ!!

     

    こんな手も足も捥がれて、無条件降伏な敗戦国のレッテルを

    背負わされたような、バカみたいな憲法を受け入れた以上は。

    国際的に約束したことだから絶対に守らなければならないのだ!!

    そういう学説の方が多い訳だが・・・

    憲法守るが為に人命守れなければ本末転倒なのだ!!

     

    という訳で・・・

    憲法の勉強をしたら、本当に実感した!!

    憲法96条で国民投票すれば憲法改正可能になってるのに・・・

    学説の主張で基本三原則だけは変えるべきではないという。

    べき論は、あくまでも学者の机上の空論でしかない!!

    政治家は現実を掌るのが仕事だから、机上の空論に、

    いつまでも振りまわされていては困る!!

    机上の空論の考え方は立派だが・・・

     

    ちなみに、私は自民党ですが・・・

    盲目に改憲に賛成というような、短絡的な考えではありません。

    自民党の憲法改正草案も、不十分だと私は思っています。

    でも、これが改憲の第一歩なら妥協範囲かな?とは思っています。

     

    特に、集団的自衛権(憲法9条)が問題視されていますが・・・

    護憲派の指摘する部分も何箇所か一理あると思います。

    伊藤真先生の書籍が非常に分かりやすいです。

    ▼自民党憲法改正草案についての指摘



    この本を読んで、拡大解釈して、憲法改正で戦争になる!!

    と大騒ぎしている人達が居ますが・・・

    伊藤先生は、冷静に憲法の原理原則に基づいて分析している

    ので、絶対に憲法改正してはならないと言う考えの先生では、

    ないのですが・・・

    残念ながら、この本には、そこまで記述が無いが為に・・・

    危険な憲法改正と解釈する人が多いように思えます。


    ▼伊藤真の憲法入門には、記述があります。



    平和主義の原理/集団的自衛権についてこう述べられています。

    メディアの印象操作で、伊藤真先生は100%護憲派という印象が

    非常に強いのですが・・・

    実際に本を読んでみると全くイメージと違う先生でした!!

    『私は変えるべきではないと思いますが・・・

    国民的議論を経た上で、憲法改正手続きに従って、国の形を

    変えるべき。』と。

    是非一度、この書籍は読んでみると良いと思います。

    この本は少し難しいので、できれば先に次の書籍を読んでから

    の方が、分かりやすいと思います。


    ▼伊藤真の日本一わかりやすい憲法



    これも難しければ・・・


    ▼赤塚不二夫先生を先に読むとよいでしょう。

    「日本国憲法」なのだ!
    赤塚 不二夫
    草土文化
    2013-05-31


    私は、はすっかり嵌り伊藤真先生の書籍中心に勉強中です。
    SnapCrab_NoName_2017-4-29_17-2-26_No-00

    何故?私は独学するに至ったか?

    それは、安保法制でのツイッター発言の反省からです。

    憲法を知らないが為に、政治を正しくみることができずに、

    マスコミやネットの自傷保守論客の情報に騙されたからです!!

    勿論、メディアやネットの自傷保守論客の全否定はしませんが・・


    ▼憲法・法律知識が薄くて、電波サイト扱いにさえた。

    ▼デンパ扱いされた経験をも生かして徹底検証した。


    だから、私はデマに騙されてデマ情報を拡散させてしまった

    被害者であり加害者でもある1人として、デマに騙されないため

    には、まず憲法をしっかり学習して、最低限の法律知識も備える

    必要があると感じました。

    勿論、完璧ではありませんので、今も勉強中の日々です。

    ▼全文はアメブロにてお読みください。
    ↓こちらをクリックしてお読みください。↓

    以上、佐渡暇人放送でした。 

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    昨日、蓮舫の件はBLOGに致しました。
    ▼まだお読みでない方はコチラ
    昨日のBLOGの通り、社民党として共謀罪反対という公式発表はありませんでしたが・・・
    社民党の一応弁護士資格を保有する、従軍慰安婦捏造加担で有名な福島みずほ大先生!!
    ちょっとTLを遡りましたら、共謀罪を徹底的に批判する内容のツイートを発見しましたので、
    また炎上でもして、こっそり削除でもされないうちに魚拓を撮りました。


    ▼福島みずほの共謀罪反対の凶暴する気満々の凶暴なツイートの魚拓
    SnapCrab_NoName_2017-1-10_3-8-50_No-00
    SnapCrab_NoName_2017-1-10_3-8-41_No-00
    SnapCrab_NoName_2017-1-10_3-8-3_No-00
    つうか、法律なんて違反しなければ処罰されることはないんだし基本。
    誤認逮捕は別だよ?でも明治憲法の時の治安維持法と違って、
    そもそも現行憲法では、比べ物にならないくらい手厚い人権保障がされ、
    あまりにも公共の福祉という概念が明文化されているにも関わらず・・・
    勝手な学者・弁護士らの学説により条理や道徳心が無視されている。
    まあ、なにせ安保法制を日本国憲法殺人事件と比喩したくらいですからね・・・
    fukushimamizuhosatujinnjiken1
    山尾志桜里の自称匿名ブログの「保育園落ちた日本死ね!」と変わりませんよ.
    gasorinunipponshine
    あ、2人とも司法試験合格者だったわwww
    今の法律系の試験の学説では、この2人の主張も100%否定はできない!!
    実際に、そういう学説は存在するからである。
    しかし、この学説も現在争われている段階で、正しいという結論には至っていない。
    あくまでも通説と言う形で結論ありきで、この学説で法律系試験は出題される!!
    結局は、自分たちの学説で講演したり本を出版したりしているものだから・・・
    これを否定してしまうと、おまんまの食い上げになってしまうのです。
    人間、働いて飯食っていますから、喋って書いて飯食うこと自体を否定はしませんが・・・

    ▼左翼利権の事例
    つまり、学説を巡っての利権争いでしかないのです。
    この国には憲法裁判所がありませんから、裁判所は高度な政治性の内容のものは、
    三権分立から立法府(国会)の自立性・自主性を尊重して違憲審査を避けます!!
    だから、違憲だと簡単に意見することができるのです。
    こういう事を、どれだけの人が分かって政治活動を行ってるのか?非常に疑問です。
    極左も自称保守の酷使様も、憲法・法理論の認識違いが非常に目立ちます!!

    ▼福島みずほの内縁の夫と言われる人物が良い例です。
    SnapCrab_NoName_2017-1-10_3-8-15_No-00
    結局、極左・極右の学者・弁護士・評論家などの一般的に言う有識者の思想に、
    感化されて感情的になって盛り上がって、変な使命感を感じているように思えます。
    結論なんか出るわけがない!!お互いに理想論でのバトルなのですから・・・
    それはそれで、思想・信条・表現の自由で構わないのですが・・・
    それが利権となって、人々に刷り込もうとしているのが問題なのです!!
    思想が内心に留まる分には無制限で保障されるのですが・・・
    表現をするとなると無制限ではなく、公共の福祉に反しない限り保障という制限がかかります。
    ところが、それを無視して権利ばかりお互いに主張して、田舎プロレスをやっているのです!!

    【総括】※内ゲバで頃す訳ではありません。www 
    あまりにも、極左の野党4共闘及び極左シンパの自称有識者たち?は。
    一般の国民が、中々憲法や法律というものの基本を理解できてないことを利用して、
    このように、思想の刷り込みを行っているのです!!


    冷静に考えてみてください!!

    共謀罪は共謀しなければ罪にはなりません。
    集まって話していただけで逮捕される?とか言っていますが・・・
    日頃からの行いがよければ逮捕されることなんてありません。
    実際、暴力団新法や暴力団対策条例が施行されている今日・・・
    暴力団構成員というだけで全員逮捕なんてされていませんよ?
    逮捕については、現行犯逮捕以外は令状がないと逮捕できません。
    (緊急逮捕については令状なしでもOKと最高裁が認めています。)
    共謀罪が成立施行されたからと言って、一般人まで行政の裁量で逮捕なんてことは、
    今の日本国憲法では31条~39条まで適正手続きが保障されており、不可能です!!
    公務執行妨害でもしない限りは逮捕・拘留されることはありえません。
    実際、とっくに公務執行妨害で逮捕されてもおかしくない状況でも中々逮捕されていない
    から、こうやって好き放題暴れることができているではないか!?


    もう、弁護士や学者が言ってるから間違いないとかいう先入観で思考停止しているんです!!
    もし、私の書いてることが嘘だと思うのであれば、私の薦める憲法の本を読んでみてください。
    (特に伊藤真先生(護憲派弁護士)の書籍で勉強したことを元に書いております。)

    ▼最初に読んだ本


    ▼二番目に読んだ本

    ▼三番目に読んだ本

    ▼現在読みかけの本

    この他にも、伊藤真先生の書籍は何冊も読んでおりますが・・・
    今回は、憲法を論点としているために、割愛させて頂きます。
    護憲派と改憲派という垣根を越えて先入観を拭う事は難しいでしょうが・・・
    伊藤真先生の書籍には学説の争いがあるとハッキリ書いてあります。
    ただ、伊藤真先生は護憲派の学説を支持していると主張もされています。
    学者・弁護士をはじめとする有識者は机上の空論の中で生きています。
    (学者・弁護士は、それでいいと私は思います。)
    しかし、我々は現実社会の中で生きているのです!!
    日本国憲法が出来て72年目に突入している間に時代はどんどん変わっています。
    憲法制定時に予測できなかったような状況になっているでしょう。
    護憲派は現実を憲法に合わせろと主張しますが・・・無理です!!
    日本国憲法の理念は素晴らしいのですが現実と乖離しています!!
    政治と言うものは現実を直視して時代の流れに応じて変化しなければなりません。
    実際に、裁判所の判決によって法改正もされています。
    民法なんか特にそうです!!
    一昨年の、女性の再婚禁止期間が100日以上超えた部分は違憲という判決で
    民法は改正されました!!
    憲法も総議員の三分の二以上で発動され国民投票の結果過半数の賛成があれば、
    改正しても良いと96条で明文化されているのですが・・・
    これも、学説の争いで基本三原則は変えちゃいけないと学者が勝手に通説にしています。
    勝手と言っては失礼ですが・・・護憲派が極少数という現実をわかっているから、
    国民投票したら負けると困るから、必死で自民党憲法改正草案に反対しているのです!!
    私の目には、そう映ります。
    それも、なんとなくではなく、根拠があります。
    民進党(当時の民主党)と日本共産党には実生活で実害を受けた1人だからです。
    だから、私はデマを見抜く力を騙されている人たちには身につけていただきたいのです!!
    この事は、切に願っております。
    解釈は人それぞれなので、願っても押し付けは致しませんが・・・
    ちゃんと、自分の目で見て、頭で考えれば自ずと結論は出るはずです!!

    yatoukyoutouposter
    以上、佐渡暇人放送でした。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    日本国の象徴であられる天皇陛下が本日83歳のお誕生日を迎えられました。
    ▽産経ニュースの報道
     ⇒【陛下83歳に】譲位と向き合われた1年 公務軽減は「困難」変わらず
    SnapCrab_NoName_2016-12-23_10-7-44_No-00

    ▽天皇陛下のお言葉全文(日テレ24より)
    ▽天皇陛下のお言葉要約(テレビ朝日より)
    【私の気持ち】
    なのに・・・安倍やめろだのオスプレイ抗議だの!!
    こんな日にまでやってる連中を見ると、日本人として恥かしく思います。残念です。
    天皇陛下は日本国憲法で日本国の象徴と位置付けられています。
    天皇陛下は、政治介入できず、どんなに酷い事を言われても、されても、
    国民に対して中立な立場を取らなければならないお方です!!
    国民一人一人の政治的な危険思想も不問にし、国民の安寧を願っておられます。
    その天皇陛下を「日本国の象徴でしかない」「国民が主権だ!!」なんて糞左翼は、
    ぬかしておりますが・・・国があっての国民と言うことを、どうも理解できていないようです。
    国がなければ、無国籍のタダの民でしかないことを何故分からないのでしょうか?
    これが、アカの主張する「国民主権」の矛盾です。
    国家の象徴となる天皇陛下がいらっしゃるから、国教を強制される事もない。
    政教分離のきちんとされた国民主権の国家が維持できているのに・・・
    政治的なデモや抗議やってる連中が、あまりにも御家庭レベルの憲法を理解できていない。
    こう書くと、どうせ素人感覚の考えだろと絶対にアンチから批判がくるとは思いますが・・・
    法律家ですら、特に9条の会!!戦争反対!!の連中があまりにも憲法を理解していないから、
    講演・セミナーを依頼されると、護憲派の弁護士として安保法制の国会参考人にまでなられた、
    伊藤真先生が書籍に書いておられます。これが根拠です!!



    また、御家庭向けの憲法も先生の書籍から学びました。


    憲法解釈には学説に争いがあるということも先生は書籍に書いておられます。
    この書籍を更に細部まで書いた法学部の学生向けの書籍もあります。

    私は、一年かけて伊藤真先生の本を熟読したので自信持って言えます。
    あまりにも、デモやってる連中が憲法の基本三原則は唱えていても三権分立を理解してなくて、
    やってることが完全に論理破綻してしまっているのです!!
    彼らの主張は、あくまでも学説の中の1つにすぎないのです。
    彼らの解釈も間違いではありませんが・・・政府の憲法解釈も間違いではないのです!!

    デモは認められた権利ではありますが・・・同時に責任も発生します!!
    基本的なことを理解した上で行動するのが、表現の自由です!!
    表現の自由は無制限ではありません!!公共の福祉による制約がかかります!!
    もう、この国はどうなっていくのでしょうか?天皇陛下もご心配だと思われます。
    なにも、天皇誕生日にまで、こんなことをしなくとも良いのではないでしょうか?
    私は先生の書籍より、象徴天皇制の素晴らしさを知ることができました。
    だから尚更、日本人として、象徴天皇の生誕を内心ですら祝えない事自体が恥かしいのです。
    以上、佐渡暇人放送でした。 

    このページのトップヘ