佐渡暇人放送のきまぐれBLOGです。
ニュースやTV番組のツイッター実況などを元に主に構成されます。

佐渡暇人放送-備忘録 LD版

真面目な政治経済から助平な政治経済まで書き綴ります。 ツイート上限回避のために、まとめとしても活用します。 尚、アメブロがR18カテゴリーが無いため、こちらと併用しておりました。
佐渡暇人日記(アメブロ版)

佐渡暇人放送禁止日記過去ログ

佐渡暇人放送@性時経済BLOG(過去ログ)

佐渡暇人放送公式HP
管理人@佐渡暇人

    真面目な政治経済から助平な性事経済まで語る。佐渡の暇人のおっさんです。BLOGは幅広く書くために、アダルトカテゴリーになっておりますが、アダルト広告の表示はご容赦ください。

    三匹のおっさん

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    小池百合子は共産主義のデマ発信者の1人、OZUemuraを応援の、
    オフィスマツナガ(ニュースサイト運営のジャーナリスト?)に、
    訂正報道した方が良い旨示唆してを忠告したんですけどね・・・
    私の忠告に対して、なしのつぶてで、訂正もしていない。
    逆に訂正しなければ、記事信用されなくなると思うんですけどね・・・
    ジャーナリストの看板で飯食ってるんなら、訂正報道をきちんとしないと・・・
    逆に、おまんまの食い上げになると思うのですが・・・

    ▼詳しくはアメブロに書いてツイート致しましたので、クリックしてお読みください。

    ▼賛同いただける方は、下記の一連のツイートを拡散RT頂ければ幸いです。



    【総括】
    私の忠告に対しては、なしのつぶてです。
    勿論、私の忠告は法的拘束力はありませんから、強制はできません。
    別に、回答しなくても構いませんが・・・
    訂正ツイートも見受けられません。
    日本人なら、このツイートに訂正を載せるべきです!!

    ofisumatunagagenrondanatu
    それとも・・・こっそり、どこかでミスっちゃった!!と書いてるのでしょうか?
    分かるように訂正しなければ訂正したことにはなりませんよね?
    一般常識として考えると、そうだと思うのですが・・・
    これもまた、強制はできませんが・・・
    世間様がこれを見てどう思うか?それは別問題です。
    今の日本のジャーナリストって、この程度なのでしょうか?
    素人の私でも、こんなショボイデマを一発で見抜けたのですが・・
    これでジャーナリストって臍で茶が沸いてしまいますね。
    ジャーナリストではなく、邪魔リストですよ!!全く!!www

    まあ、ツイッターのTLを読んでみてください・・・
    こんなのは、まだ序の口ですよ。
    皇室批判垂れ流すデンパニュースサイトですから!!
    なんか、日本人のやることとは思えませんね。
    これを、世間が、どう判断するのか?楽しみです。

    勿論、私も誤信して書いたこともありますが・・・
    指摘されれば、都度訂正は書いてきております。
    過去のBLOGを遡って頂ければ一目瞭然です。
    私の、このBLOGがデマの被害に遭われた皆様の、
    名誉回復に少しでもお役に立てたら幸甚です。

    以上、佐渡暇人放送でした。 

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    連日、BLOGで問題視し書いている。
    『小池百合子は共産主義』デマツイートの件です。
    『佐渡暇人はユリラブ』だとか?『小池信者って日本語も使えないのか?』だとか?
    そんなことは、どうでもいい。基地外でもバカでも好きなように書いてくれ!!
    だがな!!これだけは勘違いしないで頂きたい!!
    小池知事の政策批判を批判してるのではない!
    小池叩きの材料に有権者を利用していることを批判しているのだ!!』
    ▼特にこの、三匹のおっさんが酷い!!

    SnapCrab_NoName_2017-2-8_17-2-58_No-00
    ▼詳細は下記の貼付ツイートにて


    ▼その証拠を一度整理しました。
    【総括】
    ここまで、大の大人がやるなんて考えられませんね?
    まるで、反日デモを起してる一部の朝鮮人レベルです。
    (朝鮮民族を一括りにして表現しているわけではありません。)

    1人でも多くの方に、この真実を知っていただければ幸いです。
    小池都知事の支持者・宇都宮健児先生の支持者の双方の
    名誉回復のお役に少しでも立てたら幸いです。

    以上、佐渡暇人放送でした。

    このページのトップヘ