佐渡暇人放送のきまぐれBLOGです。
ニュースやTV番組のツイッター実況などを元に主に構成されます。

    天皇皇后両陛下

    日本国の象徴であられる天皇陛下が本日83歳のお誕生日を迎えられました。
    ▽産経ニュースの報道
     ⇒【陛下83歳に】譲位と向き合われた1年 公務軽減は「困難」変わらず
    SnapCrab_NoName_2016-12-23_10-7-44_No-00

    ▽天皇陛下のお言葉全文(日テレ24より)
    ▽天皇陛下のお言葉要約(テレビ朝日より)
    【私の気持ち】
    なのに・・・安倍やめろだのオスプレイ抗議だの!!
    こんな日にまでやってる連中を見ると、日本人として恥かしく思います。残念です。
    天皇陛下は日本国憲法で日本国の象徴と位置付けられています。
    天皇陛下は、政治介入できず、どんなに酷い事を言われても、されても、
    国民に対して中立な立場を取らなければならないお方です!!
    国民一人一人の政治的な危険思想も不問にし、国民の安寧を願っておられます。
    その天皇陛下を「日本国の象徴でしかない」「国民が主権だ!!」なんて糞左翼は、
    ぬかしておりますが・・・国があっての国民と言うことを、どうも理解できていないようです。
    国がなければ、無国籍のタダの民でしかないことを何故分からないのでしょうか?
    これが、アカの主張する「国民主権」の矛盾です。
    国家の象徴となる天皇陛下がいらっしゃるから、国教を強制される事もない。
    政教分離のきちんとされた国民主権の国家が維持できているのに・・・
    政治的なデモや抗議やってる連中が、あまりにも御家庭レベルの憲法を理解できていない。
    こう書くと、どうせ素人感覚の考えだろと絶対にアンチから批判がくるとは思いますが・・・
    法律家ですら、特に9条の会!!戦争反対!!の連中があまりにも憲法を理解していないから、
    講演・セミナーを依頼されると、護憲派の弁護士として安保法制の国会参考人にまでなられた、
    伊藤真先生が書籍に書いておられます。これが根拠です!!



    また、御家庭向けの憲法も先生の書籍から学びました。


    憲法解釈には学説に争いがあるということも先生は書籍に書いておられます。
    この書籍を更に細部まで書いた法学部の学生向けの書籍もあります。

    私は、一年かけて伊藤真先生の本を熟読したので自信持って言えます。
    あまりにも、デモやってる連中が憲法の基本三原則は唱えていても三権分立を理解してなくて、
    やってることが完全に論理破綻してしまっているのです!!
    彼らの主張は、あくまでも学説の中の1つにすぎないのです。
    彼らの解釈も間違いではありませんが・・・政府の憲法解釈も間違いではないのです!!

    デモは認められた権利ではありますが・・・同時に責任も発生します!!
    基本的なことを理解した上で行動するのが、表現の自由です!!
    表現の自由は無制限ではありません!!公共の福祉による制約がかかります!!
    もう、この国はどうなっていくのでしょうか?天皇陛下もご心配だと思われます。
    なにも、天皇誕生日にまで、こんなことをしなくとも良いのではないでしょうか?
    私は先生の書籍より、象徴天皇制の素晴らしさを知ることができました。
    だから尚更、日本人として、象徴天皇の生誕を内心ですら祝えない事自体が恥かしいのです。
    以上、佐渡暇人放送でした。 

    今日は、政府主催の東日本大震災追悼式をNHK中継で見たかったが・・・
    どうしても仕事のスケジュール調整が付かずに、私は外出前に黙祷を行った。
    そして追悼式の様子は帰宅後ネットで確認した。

    ▼天皇陛下のお言葉
    天皇皇后両陛下は、この後東北の被災地をご公務で御廻りになられるそうです。
    既に80歳を超えられた御高齢にも関わらず、自ら被災地へ赴く天皇皇后両陛下。
    他の外国では、このようなことは無いと認識しております。
    何故ならば、天皇陛下が居られる国は世界に唯1つ日本だけだからです。

    tennouheika20160311

    我が国、日本の象徴である天皇陛下を自称護憲派の左翼連中は存在を否定している。
    当然、被災者の中にもそういう問題思想の人間が居るにも関わらずに、被災地をご訪問。
    日本の象徴である天皇陛下は、どんな国民も分け隔てをすることは絶対にない!!
    それでも、日の丸君が代反対だの言ってる連中は、被災者だとしても気の毒には思えない。
    国の安全・平和があってこそ、国民個人一人ひとりの安全・平和があるというのに・・・
    天皇陛下を冒涜するような国民は、天皇陛下のいらっしゃらない
    国に遠慮せずに移住してもらいたいと思う次第である。

    以上、天皇陛下は日本そのもの@佐渡暇人放送でした。

    このページのトップヘ