佐渡暇人放送のきまぐれBLOGです。
ニュースやTV番組のツイッター実況などを元に主に構成されます。

    北朝鮮問題

    昨日、PAC3が、中国・四国地方に配備された。


    それにしても、小野寺防衛大臣は非常に迅速である。

    だけども・・・

    その反面、不安がどうしても頭に過る。

     

    その心境を歌と踊りで表現すると・・・

     

    『中国四国を狙うと思ったら~

    佐渡にめがけて打ち込みました~♪』

    chikusyou

    なんて、チャンチャカチャンチャンな話になったら洒落にならん。

     

    小野寺防衛大臣になって、稲田と違って格段に安心ではあるが・・・

    onoderaitunoriboueidaijinfukkaturoitar

    あの、犬畜生にも劣る北朝鮮の金正恩!!

    9条キチガイ共は、対話で解決しろと能天気なことを言っているが・・・

    戦争をしないという考えはものすごく立派や!!

    何か?秘策があるなら政府に協力して対話に動いてくれないか?

    例えば、電話で金正恩に対話を求めるとか?

    kimujyonunkurodenwa

    てか?ホントに対話で解決できると思ってるのか?

    頭おかしいんじゃねーのか?www

    byouinheikouyatou

    もう、完全にオカルトの世界よね?www

    戦争しろとは言わないが・・・

    自己防衛だけはしっかり、国にして頂きたい。

    そう思うのが、まともな神経の人間だと私は思います。

    続きを読む。

     

    以上、佐渡暇人放送でした。 

    5月9日までに、トランプ大統領が北チョンを攻撃するという噂も

    信憑性を増してきているだけに・・・安全保障の重要性を感じる。

    北チョンのミサイルも性能がアップしてるのか?

    佐渡は、半島から、どう見ても医療廃棄物みたいなゴミが漂着

    したり、北朝鮮の工作員と思われる漁船まがいの船と死体が漂着

    したり、北朝鮮の拉致被害者が居たり・・・ヤバイ島である。

    そこで、考えた!!

    こんな、のほほ~んとした島民は危機感が全く無い!!

    いざ、落下して死人が出てから、さ~どうしましょ?じゃ遅い!!

    そこで、ミリ系は詳しくないから、的外れな事を書くかもしれないが・・・

    佐渡にTHAAD配備したらどうよ?
    SnapCrab_NoName_2017-4-6_19-39-19_No-00
     
    佐渡を飛び越え、秋田沖に落下したこともあった。
    SnapCrab_NoName_2017-4-6_19-33-44_No-00

    ▼続きははアメブロにて

    ↓こちらをクリックしてお読みください。↓

    以上、佐渡暇人放送でした。


    土曜日夕方の政治討論?番組TOKYO MX * 淳と隆の週刊リテラシー
    「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」元副代表蓮池透氏をゲストに向かえ、
    北朝鮮拉致問題・北朝鮮核問題などに対する日本政府対応について討論された。
    この番組をツイッター実況致しましたので、そのデータを元にBLOGに致しました。
    (拉致問題などデリケートな内容につき誤解を未然に防ぐために長文となります。)

    litera2

    ▼放送内容は次の通り
    ▼尚、番組では北朝鮮への日本政府の独自制裁に関する視聴者アンケートも実施した。
    kitacyousenseisaikekka20160227

    結果 (私は②強めるべきに一票)
    第一位:②強めるべき 2409pt
    第二位:④わからない  751pt
    第三位:③弱めるべき  728pt
    第四位:①評価する    642pt
    しかし、この北朝鮮への制裁問題については、
    「北朝鮮への制裁は、拉致問題交渉に影響する」などと
    蓮池透氏は信じられない発言をしていたのであった!!また、ご自信の著書については安倍総理を政権の座から
    引き摺り下ろす為に書いた訳ではないと言いながら総理を批判!!
    hasuikekaorucyosyo1
    結局は、安倍総理を批判しているが、それは言論の自由と主張!
    更に、国会で私を北朝鮮の工作員扱いな発言もされたとも主張!
    ▼関連ソース
    この民主党・緒方林太郎議員の質疑・安倍総理の答弁は
    私の意見は確認せずに、マスコミにも報道されたなどと主張!!
    口では言論の自由だから御互いに言いたいことは言えばよいと
    言っておきながら、自分が言われたことに対しては批難する!!
    非常に矛盾しており、話を聞けば聞くほど、まるで北朝鮮政府の
    代弁者でないか?とも思えるような主張と感じざるを得ませんでした。
    また、福島原発問題に関しても、国民不安を煽る発言をしておりました。
    元幹部社員が、このようなことを述べるとはコンプライアンス的に非常に
    問題であり、とても一般常識では考えられませんでした。
    hasuiketorutouden1


    ▼ツイッター実況まとめ

    【補足意見】
    あくまでも、ツイートした内容は私の個人的な解釈による見解です。
    私の実況ツイートへの反応も合わせましてTogetterでまとめを作成致しましたが、
    私のツイート内容と考え方が似てる方からのメンションのみを取り上げましたが・・・
    これは、印象操作目的ではなく、1つの見解ということで誤解の無きようお願い致します。
    兎に角、前後のツイートを読まずに言葉尻だけを捕らえて脊髄反射してTLで絡んでくる
    ユーザーが中々後を経たない状況で、それくらい拉致問題はデリケートな問題であると私は
    認識をした上でツイートを行い、まとめを作り、更に補足意見を加えてBLOGに書いている次第です。
    (それでも、こんな売国奴の話は聞く価値がないとか反論されたりもしますが・・・)

    【まとめ】
    まだ、多くの拉致被害者の方々が帰国できておりません。
    そんな状況の中で、蓮池氏は実弟の薫さんは帰国できております。
    まだ帰国できてない方々の御家族もいらっしゃるにも関わらず、
    言論の自由を主張して、このような発言をされることは、公共の福祉に
    反する行為で、これは言論の自由の範囲を超えていると思います。
    とても、拉致被害者の御家族のことを考えると、普通に血の通った
    日本人であれば、このような発言は出来ないと、憤りをも感じます。
    「本を読まずに批判するな」と本人は主張されておりますが・・・
    こういうタイトルの本を出版すること自体が公共の福祉に反する行為で、
    批判と主張しておりますが、これは批判ではなく自業自得であることを
    ご本人は認識すべきではないでしょうか?非常に利己的に感じました。
    残された、拉致被害者のご家族の事を考えてると主張しておりますが・・・
    それは思い違いだと私は思います。
    私は、当事者ではありませんし、非常にデリケートな問題につき、
    拉致問題についての発言は極力避けておりましたが・・・
    北朝鮮拉致問題は絶対に解決しなければならいという認識はあります。
    実際に、私の実家のある佐渡市でも拉致問題が発生しており、
    現に、曽我ひとみさんが19年ぶりに帰国されて今も暮らしておられます。
    今回ばかりは、あまりにも酷すぎて発言させて頂きました。
    以上、一日も早く拉致問題解決を願う@佐渡暇人放送でした。

    本日は、日曜討論の実況ツイート中に北朝鮮がミサイルを発射した!!

    nhkmisairu20160207

    それにしても安倍政権の政府対応は素早い!!
    ▼政府情報
    民主党政権時のテポドンへの対応は酷かった!!
    ▼ネットの反応
    こんな時も、日本共産党・おい!小池!!はとんでもない!!
    ▼ネットの反応
    ニュース速報後のネットの反応をまとめました。 
    ▼Togetterまとめ

    北朝鮮の発表では人工衛星打ち上げ成功と。
    【総括】※内ゲバで殺す訳ではありません

    下記のツイートに代えさせて頂きます。
    以上、北朝鮮に国連制裁を!!@佐渡暇人放送でした。

    今週の北朝鮮情勢をまとめてみました。

    ▼関連ソース(時系列)

    【総括】 ※内ゲバで殺す訳ではありません。www

    ★金正恩の目論見
    kimujyonunsuibaku2

    ウリの与太話でマーケット爆破成功した<丶`Д´>ニダ!!

    処刑も、飽きたころで刺激が欲しかった<丶`Д´>ニダ

    水爆実験成功説で誕生日にウリは威厳を保てた<丶`Д´>ニダ

    親愛なる将軍様<ノ丶`Д´>ノ マンセー!!

    (断言はできませんが)


    カリアゲ君のご乱心振りは現在進行形で
    基地外病だから誰も予測不能!!www
    もはや、このバカの壁は越えられない。www

    以上、北朝鮮の検証はほどほどに@佐渡暇人放送でした。

    このページのトップヘ