佐渡暇人放送のきまぐれBLOGです。
ニュースやTV番組のツイッター実況などを元に主に構成されます。

    安積明子

    あれ?記事がない・・・
    toyokeizaimisu

    と思ったら、1つ前の号だったのね?w

    もし、私と同じ号を発注した人いたらごめんなさい。w

    弁償できませんが・・・

    お許しを・・・


    ▼こちらのBLOGの訂正記事です。

    【推奨】#安積明子 氏 #週刊東洋経済 『#希望の党 #小池百合子 』に寄稿との事!!【書籍】

    ▼発注しなおしました。
    記事全文はアメブロにて
    以上、佐渡暇人放送でした。

    現在発売中の週刊東洋経済に政治ジャーナリストの安積明子氏が、

    希望の党・小池百合子氏について寄稿しているとツイッター発信を

    されておりました。


    adumiakikotouyoukeizai20171007

    安積明子氏は、国会政策担当秘書として勤務されてきた方で、

    永田町をバランスよく取材している方で、専門外のテレビに出る

    コメンテーターとは違う、客観的でありながら独自の視点を持って、

    情報を発信し、また出版社に寄稿したり、著書を出版されている。

    お茶の間からは知る事ができない情報があるのは間違いない!!

    週刊東洋経済は、たったの690円だから、購入してみても良いだろう。



    読書感想文は、読んでから書きます。←当たり前だろ!!ヲイ!!

    記事全文はアメブロにて 

    以上、佐渡暇人放送でした。 


    今、日本中が小池のおばちゃんに振り回されている。

    私も、ある程度は、推定も含めて検証できてはいた。

    だが、ジャーナリストではないので、どうしても裏が取れずに、滅多な

    ことを憶測で書くわけにはいかず、どうしても躊躇する部分はある。

    (こんだけ書いてて何が躊躇だ?( ゚Д゚)ヴォケ!!言われそうですが・・・)

    ▼その部分を安積明子氏が、今回もクリアにしてくれました。




    ▼これまでも安積明子氏がクリアにしてくれた。



    【まとめ】

    adumiakiko20171007

    小池のおばちゃんにリセットされまくりで、現場で取材されている

    報道関係者の皆様は、物凄く大変だと思っております。

    あまりにも、状況が一晩一晩変りすぎで、先日報道された、

    NHKの元記者みたいに安積さん過労死しないでくださいね。!

     

    ホント、体調を崩していないか?心配なくらい政局が混乱。

    我々は、情報を受ける側なので、早寝早起きで済みますが・・・

    選挙関係者・報道関係者は寝れないと思います。

    今後も、安積明子氏の情報に注視したい。

    記事全文はアメブロにて

    以上、佐渡暇人放送でした。

    政治ジャーナリストの安積明子氏が臨時メルマガを配信している。

    ▼関連ツイート


    確かに、この数日間の小池百合子の動きは凄まじい!!

    それも織り込み済みで、小池百合子は動いているのだろうが・・・

    いくら、左翼議員を古いわけすることはできたとしても、小池陣営

    の事務方は、この危険なやり方に着いていけなくなる人達も当然

    出てくるのではないだろうか?という懸念は感じていた。

     

    そんな中、以前よりツイッター上で交流のある政治ジャーナリスト

    の安積明子氏が、私の懸念してた部分を取材してくれていた。

    (最近はフォロワー数も一気に増えてご無沙汰であるが…)

    ▼主な関連ツイート






    【まとめ】

    adumiakikoprof

    国会で政策担当秘書だった経験があるだけあって、

    中々、バランスの良いジャーナリストです。

    ▼書籍もお勧め


    あ、別に宣伝して本売れたらバックされるとか、そんなのないよ。w

    安積氏のご意向も忖度も一切ありません。www

    忖度も損得も抜きで、良いものは良いから私は書いているだけ。w

    記事全文はアメブロにて

    以上、佐渡暇人放送でした。

    実は知られているようであまり知られていない。(失礼)

    政治ジャーナリストの安積明子氏。

    adumiakiko2

    一部、ネット上では、フリーランスのあづみ、あづみん 

    で徐々に慣れ親しまれて居る訳だが・・・

    何故?一部ネット上なのか?

    それは、彼女のジャーナリストとしての誇りがあるからだ!!

    多くのジャーナリストは右か左かの流れに乗って政治家を批判!!

    誤報を流しても、正当化、或いは訂正もせずに、別の話題に摩り替え、

    感化されやすい情報弱者や、煽られやすい知識人と勘違いしている

    ネットの政治クラスターたちに、火をつけて炎上させて商売にする!!

    当然、極端に右か左かに偏った層にとっては英雄だ!!

    だが、彼女の場合は右か左かに乗っからずに、冷静な目で取材し、

    冷静になるべく中立に記事を書いたり発言したりしているのです。

    極端に右か左かで分けてしまえば、右寄りかも知れませんが・・・

    あまりにも、マスコミが左に寄りすぎて、ネットメディアが右に寄り過ぎ

    ているから、基準点が安定しませんが・・・

    書籍・取材記事のみならず、ツイッターのTLで常日頃から情報交換を

    している私としては、安積明子氏は、真ん中の人です!!

    ▼真ん中の証拠

    adumin20170725
    ▼更に詳細はアメブロにて

    小池百合子叩きや石破茂叩きの左右の言論利権に便乗して、

    発言していれば、もっとメディアも取り上げるかもしれない・・・

    だが、彼女の場合は、このように人間としての芯が通っている!!

    本来ならば、こういう人をもっとメディアが取り上げるべきだ!!
    以上、佐渡暇人放送でした。 

    このページのトップヘ