佐渡暇人放送のきまぐれBLOGです。
ニュースやTV番組のツイッター実況などを元に主に構成されます。

    憲法改正

    テロ等準備罪/共謀罪には反対だから反対だと思っていたが・・・

    驚いた事に・・・

    あの、田原総一朗氏がテレビ東京の番組で改憲に基本的に賛成

    である旨の見解を示した!!生放送である!!

    taharasouichiroukaikensansei


    【主な内容】

    ①安倍総理は安保法制定により、憲法改正は必要ないという考えもある旨を、

     昨年、「ここだけの話」として聞いている。」と時効と判断して暴露www

    ②安倍総理はリアリストだから憲法9条1項・2項を変更すると米国を刺激するのでは?

     そういう考えもあり、憲法9条3項に自衛隊は違憲でないと追加明記したいと。

    この他にも色々述べておられますが、一般論につき割愛させて頂きました。

    詳細はアメブロにリブログ致しました。
    ▼下記の添付ツイートのURLをクリックしてお読みください。


    【補足意見】

    あまりにも憲法改正が憲法改悪であるかのように・・・

    テレビ東京の以外のマスコミが取り上げているから・・・

    きちんと検証していないと、自民党が悪いと言うイメージが

    ついてしまっているから・・・

    今のままで、良いという世論の方が若干多いのではないだろうか?
    kenpoukaiseiseronyusate20170503
    以上、佐渡暇人放送(テレ東太郎リブログ引用)でした。

    と思っても・・・

    強制することまではできませんが・・・

    あまりにもネットのデマに躍らされてる自傷保守が多くて、

    「ちょっと熱くなりすぎじゃないか?」との声もあるのだが・・・

    自分の経験から、ネット社会の平和を祈りつつも、

    一向に聞く耳もたずに、意図的にデマを流してるバカ連中を。

    おちょくる意味もあり、書いている次第です。

    実際、冷静に検証してなきゃ、こんなことは出来ませんwww

     とは言うものの・・・

    私もデマに騙されてきた、中身の薄っぺらい政治クラスタだった・・・

     

    ▼過去の反省より勉強を始めました。


    その結果、ある程度デマが見抜けるようになった!!

    最近のデマの事例は、豊洲移転問題についてです。

    ▼豊洲問題については移転推進派がデマを流しています。!!


    これも、法的根拠に則って私は見抜きました。

    そんな暇ねーよ!!って言われるとは思いますが・・・

    人がまとめたものを鵜呑みにして横着こいているから、

    でまに騙されるんです!!

    とは言っても・・・

    数年前の私でしたら完全に騙されていたでしょう・・・

    ▼過去の反省から分析


    そうなってくると・・・

    なんか、どうでもよいようなことを大騒ぎしていることを見ると、

    全然、冷静に検証できていないな~なんて思えてしまいます。

    最近の事例では、都民ファーストの会問題

    ▼現時点での私の検証


    【まとめ】

    このように、ちゃんと憲法・法律を根拠に検証すると・・・

    いかに、上辺だけしか見てないか?がよくわかります。

    今日は憲法記念日なのだから・・・

    これを機に、ネットで政治を語るのであれば・・・

    憲法の勉強始めてみませんか?

    bakabonkenpou

    憲法がわかると法律もわかってきます。

    最低限でいいんです。

    デマが見抜ける程度でいいんです。

    自分の票が死に票にならないためには・・・

    自分で勉強して自分で身を守るしかないのです!!

    ▼アメブロも同時公開中!!▼

    以上、佐渡暇人放送でした。 

    いつもいつも、偉そうなことを書きやがってと思われるでしょうが・・・

    実際に、偉そうなことを私は書いています!!

     

    だが、自傷保守論客と違って、私は実体験ベースで書いています。

    私自身が、過去に大きな失敗をしたからこそ書いているだけです!!

    読みたくなければ無理に読む必要はありません!!

    ▼過去の反省1

    ▼過去の反省2


    極左思想を植えつけられて、間違いに気が付いて一度極右思想

    に、思いっきり振り切った過去があるからこそ、今があるのです!!

    世間様は、今でもネトウヨ扱いをしているようですが・・・

    今は、リベラル思想で現実主義者で落ち着きました。

    デマに騙されて、中身の薄い政治クラスタになっていたのは、

    憲法・法律を知らなかったから、勝手に我流に解釈してしまい、

    デマに騙されたと認識せずにデマを拡散していたのでした。

    私は、そういう自分の過去の失態を認めます!!

    でも、自分は間違いに気がついてから、今まで以上に政治ウォッチ

    が楽しくて仕方なくなりました。

    今日は、憲法記念日ですから、憲法について書いてみましょうか。


    ▼憲法関連記事1

    ▼憲法関連記事2

    ▼憲法関連記事3

    【まとめ】
    SnapCrab_NoName_2017-4-29_17-2-26_No-00


    私が、こうして日々検証してBLOGを書いてツイートしているのは、

    こういう過去の恥かしい自分が居たからなのです!!

    どうか、一日も早くデマのない平和なネット社会が訪れる事を。

    祈ります。w

    もう、完全に、ある意味病気ですね。www

    以上、佐渡暇人放送でした・。

    ▼アメブロも同時公開中!!▼
    ↓こちらをクリックしてお読みください。↓

    偉そうな事を書きやがってと思う方も当然居ると思いますが・・・

    偉そうな事を書いています。www

    でも、これは自己の反省という根拠に基づいて書いている事です。

    ▼過去の反省についてはコチラ


    一意見として聞き入れるか聞き入れないか?は・・・

    各自の判断に委ねますが・・・

    私は大きな失敗をしたからこそ!憲法・法律の独学を始めたのです。

    しっかり法的根拠に基づいて検証しないと、雰囲気に飲まれます。

    雰囲気に呑まれて、政治観戦していれば気楽でしょうが・・・

    デマに騙されたりしたくないという、気持ちが少しでもあるのであれば、

    最後までお読み頂ければ幸いです。

     

    憲法改正問題については、様々な議論が繰り返されている。

    でも、どれだけの人がちゃんと自民党改正草案に目を通して、

    特に「憲法改正に賛成!!」の立場の人はいるのだろうか?

    ぶっちゃけ、護憲派の人達の方がちゃんと読んでいると思う。

    かつての自分の反省から、はっきり言わせていただくと・・・

    雰囲気に呑まれて、護憲だ改憲だと提灯行列やってるだけの

    ように思えてならないwww

    では、自民党憲法改正草案を読んでみましょう。

    そして、この草案のダメ出しにも目を向けてみましょう。

    このように、私は改憲派と護憲派の主張をある程度検証した上で、

    憲法改正が必要だという結論に現在は達しました。


    ▼詳しくjはアメブロにて▼

    ↓こちらをクリックしてお読みください。↓

    雰囲気に飲まれずに、しっかり理解することが重要なのだ!!

    bakabonkenpou2

    これでいいのだ!!

    以上、佐渡暇人放送でした。 

    【概要】
    自民党憲法改正草案は賛否両論です。

    しかし、護憲派も改憲派もどれだけ中身を理解してるでしょうか?

    この憲法改正草案も不十分であることは確かです。

    護憲派の指摘している部分も確かに一理あります。

    ただ、明文化されているされていないで騒がれていますが・・・

    現行憲法も明文化されていない部分は学説・通説・判例で

    解釈がある程度導かれているので、過剰反応しすぎな感じも

    しないでもありませんが・・・

    明文化すれば確かに安心できるといえば安心できますね。

    ただ、机上の空論ばかりに時間を掛けていても、国際情勢は

    日々変るわけですし、時代の流れは速いわけですから・・・

    その辺の現実とのバランスも考えたほうが良いと思います。
    自民党憲法改正草案原文
    jimintoukenpoukaiseisouan
    ▼伊藤真先生の書籍と比較すると非常にわかりやすいです。



    この本を読んで、拡大解釈して、憲法改正で戦争になる!!

    と大騒ぎしている人達が居ますが・・・

    伊藤先生は、冷静に憲法の原理原則に基づいて分析している

    ので、絶対に憲法改正してはならないと言う考えの先生では、

    ないのですが・・・

    残念ながら、この本には、そこまで記述が無いが為に・・・

    危険な憲法改正と解釈する人が多いように思えます。

    ▼伊藤真の憲法入門には、記述があります。



    平和主義の原理/集団的自衛権についてこう述べられています。

    メディアの印象操作で、伊藤真先生は100%護憲派という印象が

    非常に強いのですが・・・

    実際に本を読んでみると全くイメージと違う先生でした!!

    『私は変えるべきではないと思いますが・・・

    国民的議論を経た上で、憲法改正手続きに従って、国の形を

    変えるべき。』と。

    是非一度、この書籍は読んでみると良いと思います。

    この本は少し難しいので、できれば先に次の書籍を読んでから

    の方が、分かりやすいと思います。

    ▼伊藤真の日本一わかりやすい憲法



    これも難しければ・・・

    ▼赤塚不二夫先生を先に読むとよいでしょう。

    「日本国憲法」なのだ!
    赤塚 不二夫
    草土文化
    2013-05-31


    ちなみに、私は自民党員ですが・・・

    盲目に改憲に賛成というような、短絡的な考えではありません。

    自民党の憲法改正草案も、不十分だと私は思っています。

    でも、これが改憲の第一歩なら妥協範囲かな?とは思っています。

    ただ・・・

    護憲派の主張していることも確かに一理ありますので、

    憲法改正は必要だと思いますが・・・

    一番理想としては、自民党憲法改正草案を見直すこと!!

    しかし、今の国際情勢を考えていると、いつまでも議論ばかり

    していたら急ぎの、間に合わなくなってしまう懸念も拭えません。

    ▼詳細はコチラをご参照ください。 



    【まとめ】
    結論が良い悪いは別として、護憲派の法が改憲派よりも、

    憲法の原理原則については、しっかり勉強していると思います。

    私も、確かに、この憲法改正草案は特に2条については天皇が

    抜けているので、明文化できるものは明文化したほうが良いと

    私は思いますし、36条の拷問及び残虐な刑の禁止については、

    公務員による、拷問及び残虐な刑罰は、禁止する。

    となっているが・・絶対に禁止するとは書いていない。

    ここを適正手続きの保障上問題と言う指摘があるが・・

    これだけ国際情勢が悪化しているから、ある程度の限度を

    超えた犯罪の内容によっては拷問してでも吐かせないと、

    実際に、犯罪を減らすことができないと思います。

    他にも、名文上不明確な点が多々見受けられますが・・・

    学説上の争いの、うんちくの世界になってしまいますので・・・

    我々国民が理解する上で、一番重要なことは・・・

    犯罪犯さなきゃ、普通に平穏に暮らしていれば、この草案のまま、

    仮に憲法改正になったところで、特別困ることはないと思います。

    実際に、実生活で一々憲法何条がこうで、こうなるなんて・・・

    考えながら毎日生活していますか?

    余程の憲法マニアでなければ、まずないと思います。
    ~以下略~


    この他に、憲法記念日に関するニュース・ネットの反応などもチェックしてみました。

    ▼全文はアメブロにて▼

    ↓こちらをクリックしてお読みください。↓

    このページのトップヘ