佐渡暇人放送のきまぐれBLOGです。
ニュースやTV番組のツイッター実況などを元に主に構成されます。

    OZUemura

    豊洲問題が土壌汚染一本勝負で限界に達した証拠だよね?www

    小池百合子は共産主義のデマを流したOZuemura (以下OZ)は、

    今度は、過去の豊洲に関係の無い小池百合子都知事の過去ツイ

    を穿り返して、無理矢理豊洲問題にこじつけて難癖つけてる。

    こんなやり方してたら、民進党のこと笑えないよね?www

    今度は『#小池ブーメラン』ってか?www

    ブーメラン過ぎるだろwww

    なんか、やってることが朝鮮式なんだけど?www

    (※全ての朝鮮人と言う意味でない)

    北朝鮮ミサイル問題から目を逸らすためか?www

    ▼都合悪いと削除するので魚拓ったwww
    ozuemurakoikebumeran1

    【概要解説】
    ▼小池百合子は共産主義デマについてはコチラ


    こんなことばっかりやってるんです、このおっさんはwww

    ▼OZって何者?

    ▼詳しくはアメブロにて
    ↓こちらをクリックしてお読みください。↓


    【まとめ】

    OZは元々、ユリラブだったんだけどねえ・・・
    ozuenyrayurilovedatta
     

     なんでこうなったんでしょうか?

    一部巷では「歪んだ熟女愛説」が有力ですが・・・

    私も過去に説得を試みたが駄目でした。www

    養老孟司先生の言葉が身に凍みる今日この頃です。
     bakanokabe
    以上、佐渡暇人放送でした。 

    小池百合子は共産主義 情報がデマであることが・・・
    徐々に、ネット界隈でも広まりつつあるわけだが・・・
    その中の首謀者の1人OZUemuraは、どう後始末をするでしょうか?
    冗談抜きで、初動対応が悪かったから裁判起こされるかもしれませんね。
    まあ、自業自得なので、知ったこっちゃありませんが…

    ▼詳細はアメブロに書いてツイートしましたので、下記のツイートをのURLをクリックしてお読みください。
    ▼賛同いただける方は、下記の一連のツイートも拡散RT頂ければ幸いです。








    【総括】
    小池知事の政策批判をするのは、人それぞれ思想信条が異なりますから、
    基地外みたいなことを書いていてもバカにはするけど、書くなとは言えない。
    ただ、今回は、有権者の画像を合成させてまで、小池叩きの材料にしたから、
    そのことだけを私は批判してきたのであるが・・・その意味が通じなかった。
    ▼これは流石に倫理的にマズイ!!
    SnapCrab_NoName_2017-2-2_20-12-57_No-00

    まあ、強制はできませんから,仕方ありませんが・・・
    ここまで大事になる前に、忠告を聞き入れなかったのは残念だ。
    だが・・・何故?OZUemuraはアンチ小池になったのかが不思議はらない・・・
    何故ならば・・・都知事選当時は支持者の1人だったからである。
    ▼下記のツイートをご参照ください。
    アンチ小池になって、他の支持者になるのは勿論自由だ!!
    しかし、今となっては・・・
    彼は、超えてはならない線を越えてしまった・・・
    その代償は大きい・・・
    以上、佐渡暇人放送でした。








    もう、千代田区長選挙終ったら、だいたい予想ついていたが明白になった!!
    ▼OZUemura氏は千代田区長選で与謝野信氏について、こうツイートしていた。
    ozuemurayosano1
    ▼だから、こんなことをしたんだと判断されてもおかしくないよね?www
    ▼検証し経過の概要を改めて再ツイートしました。(まとめ)
    ▼今の心境を『#志位るず川柳』で表現してみました。(まとめ)
    ▼だが、その代償は大きそうだ・・・

    【総括】
    あんだけ、ユリラブだったのに・・・
    なんでこうなっちゃったんですかね?

    ▼その切ない想いを『#志位るず川柳』に込めました。
    尚、この一連の検証結果はあくまでも私の個人的見解にとして、
    一見解として留めていただく等、解釈は各自に委ねます。

    以上、佐渡暇人放送でした。 

    やはり私の想像通りでした。
    OZUemuraは・・・
    『小池百合子は共産主義』と間接的に千代田区長選の石川まさみ氏へのネガキャンを企てるも・・・
    失敗に終わった事が・・・本日、『小池百合子は共産主義検証』している仲間内の情報で判明した!!
    ▼検証のやりとりまとめ
    ユリラブ♡ (彼らは私をこう呼んでるらしいが、光栄である。アンチ小池はダサイwww)
    ▼頭隠して尻隠さずのマヌケ野郎も、骨折り損のくたびれ儲けだったな。www
    SnapCrab_NoName_2017-2-8_1-9-33_No-00
    つうか、OZUemuraが相手陣営の悪口を言いまくって窮地に立たせただろうが?www
    与謝野さんが小池百合子の悪口を吹聴してるとネット界隈では憶測が飛び交ってたぞ?
    SnapCrab_NoName_2017-2-8_1-9-50_No-00
    「選挙でオシマイにしない。」宇都宮健児さんのフレーズのパクリですか?
    ▼画像切り取って合成したことを自らバラシてますよ?www
    anchikoikenetuzou
    ▼小池百合子は共産主義と有権者を批判材料に使った腐れ外道です。www
    その後、慌てて記事を削除したものの・・・
    選挙が終っても都議選までアンチ小池活動やる気なんですかね?www
    まあ、それでも直接政治家本人だから批判はできない!!
    ただ・・・痴態を晒して笑いものするだけである!!
    精々、気張りたまえ!!www

    ▼元アホアホ国会議員の渡部篤氏と仲良しなんですね。www
    ▼なんか、変なクスリでもやってます?ってくらいオカシイですね。www
    ▼朝から晩まで毎日仲間内でRTしあって楽しそうですね。www

    【総括】
    あんだけ、ユリラブ♡ だったのに・・・
    なんでこうなっちゃったんですかね?
    SnapCrab_NoName_2017-2-5_17-5-53_No-00
    『歪んだ熟女愛』ではないか?と巷では噂されているが・・・
    真相は定かではない・・・
    確認しようにも本人にはツイッターブロックされているからだ・・・

    ▼ところで・・OZUemuraってどんな人?って思う方はコチラ
    尚、この一連の検証結果はあくまでも私の個人的見解にとして、
    一見解として留めていただく等、解釈は各自に委ねます。

    以上、佐渡暇人放送でした。 





    『小池百合子は共産主義』で御馴染みのOZUemura氏、
    都政監視委員会の有権者の画像を勝手に二次加工して訴訟寸前の警告を受けて、
    慌てて該当記事を削除するも・・・相変わらず小池百合子ネガキャンを実施中です!!
    都議会選挙までやる気なんですかね?www
    ▼これまでの経緯をご存知ない方はコチラ
    ▼今度は有権者を叩いてないのでヤメロと忠告はできませんが・・・
    ▼とても楽しそうですねえ~www



    【総括】
    もう、何を書かれてるか?気になって気になって仕方ないようですね。www
    ozuemurakininaru
    TLに書いて全世界中に( ( ( ( ( (゚∀゚) ) ) ) ) ) デンパばらまいておいて?
    意味分かりませんね?やっぱりバカなんですかね?www
    ▼でも、自称ネットメディア?のオフィス・マツナガ氏は応援してくれてるじゃないですか?
    SnapCrab_NoName_2017-2-7_15-10-25_No-00
    ▼私はどれに該当するか?回答を求めてみた。
    強制は出来んが・・・まだ回答来ねえなあ。www

    また、私は陰で『ユリラブ』と言われてるようですが・・・光栄です。w
    (アンチ小池は、ダサイよ?www)
    ▼でも、元々はユリラブ♡ だったのにね?www
    SnapCrab_NoName_2017-2-5_17-5-53_No-00
    歪んだ熟女愛という巷の噂はありますが・・・
    真相は定かではありません・・・

    ▼最後に・・・OZUemraってどんな人?って思う方はコチラをお読みください。
    こうしてBLOGを書いている間にもOZUemura情報が入り続ける・・・
    仲間内で悪口書いてRTしたところで、仲間内以外は拡散しないからwww
    悪いんだけど・・・彼らのお陰で連日私のBLOGは大賑わいです。www
    SnapCrab_NoName_2017-2-7_16-19-51_No-00
    SnapCrab_NoName_2017-2-8_1-48-42_No-00
    ネタもマンネリ化していますが・・・
    糞コラの新作品評会でも始まったら、気が向いたら晒してあげます。www

    以上、佐渡暇人放送でした。



    このページのトップヘ