この条例案は、橋下徹氏が市長時代に、盛んに報じられていて、日本人にだけ規制をさせる
悪い逆差別の条例案として、自称保守系のSNSなどで取り上げられて来ていました。
私も、正直、「在日を一括りにするな」という発言ばかりが目に止まってしまっていました。
正直、、ニュースでは報じられてるものの、条例の原案まではニュースに添付されてなくて、
私自身も、当初は在日特権を優先させるようなイメージを持ってしまった。
マスコミは検証すべき元の意見公募資料まで記事に載せないので、非常に分かりにくい。
SNS上では、これは言論封殺だ日本人に対する差別だと騒がれていました。

しかし、いくらなんでも条例とはいえ、法律に基づかないまま議会で承認されたとしても、
取消訴訟起こされて、裁判所が条例が違憲と判断されたら、白紙になってしまいます。
いくらなんでも、橋下徹元市長は弁護士だから、そんな法的瑕疵があるような条例案で
意見公募なんてしないだろうと思って、大阪市のホームページより意見公募の原案を
熟読すれば、日本人が在日韓国・朝鮮人に向けた発言のみが対象なのか?
わかると思い、実際に私は大阪市民ではありませんが読んでみました。
意見公募用:「大阪市ヘイトスピーチへの対処に関する条例案要綱 ( 案 ) 」(概要)
大阪市民ではないので、あえてBLOGには書かずに検証だけしておりましたが・・・
(熟読後の見解は後述とさせていただきます。)

どうも、最近のSNSを見ていると・・・
意見公募の条例の原案に目を通さずに言論封殺だ!!逆差別だ!!と。
「在日韓国・朝鮮人」という文言にばかり目が行ってしまって
日韓合意の時みたいに「英霊を侮辱した」みたいに脊髄反射してしまってるように思えて、
いきなり、検証結果を出しても、日韓合意の時も聞く耳持ってもらえなかったので・・・
次のようににツイートを投げてみました。
しかし丸一日経過しても、これに間違いだという指摘のメンションは一切入らず。
むしろ、リツイートをそのままされているような状況でした。
やはり、昨年末の日韓合意のときに「10億円」に目が行ったのと同様に
「ヘイトスピーチ」ばかりに目が行ってしまったのではないか?と思いました。
もう、自称保守がとにかく脊髄反射しすぎて検証不足だし憲法・法律・判例の
知識があまりにもなさすぎることに、決して上から目線で言う訳ではありませんが・・・
脊髄反射しまくって検証をしないことに危機感を感じます。

SNS上に何か反応のツイートがあると思い探しておりましたところ、
次のツイートが見つかりましたので、了解を得て引用させて頂きました。


このツイートを読んで、やっと目を通した人の意見に出会えたって感動しました!!
私の認識が、あながち間違ってなかったと確認することができました。

【まとめ】

私の検証結果は下記の通りです。


意見公募用:「大阪市ヘイトスピーチへの対処に関する条例案要綱 ( 案 ) 」(概要)

在日韓国人・朝鮮人へのヘイトスピーチを禁止する条例と騒がれていましたが・・・
この原案を読む限りは、在日韓国人・朝鮮人に限定されていないのです!!


⇒このように記載されています。

在日韓国・朝鮮人の方々をはじめ多くの外国人が居住している中
市内において現実にヘイトスピーチが行われているといった状況に鑑み」と記述されており、
決して在日韓国・朝鮮人に対してのみの発言をヘイトスピーチとするとは書かれて居ない。

更に、このようにも記述されています。

また、方策の対象となるヘイトスピーチは、本市が地方自治体であることから、
以下のものに限定することとします。
(1)市域内で行われたもの
(2)市域外で行われたものであって、
ア 市民等に関するもの(他市町村で市民等に対するヘイトスピーチが行われた場合など)
イ 市域内で行われたヘイトスピーチを市域内に拡散するもの
  (市域内で行われたヘイトスピーチをインターネットで公開する場合など)
決して在日韓国・朝鮮人に対してのみの発言をヘイトスピーチとするとは書かれて居ない。


市民等に対するヘイトスピーチ
日本人に対して中指立てて暴言吐く行為も
 ヘイトスピーチとみなすという内容です!!


この条例により、一切のヘイトスピーチができなくなる。
つまり、反日・極左連中のデモを訴えることも出来る!!
会場使用の制限も掛ける事が出来るという内容なのです!!


かつて、大阪で、このような裁判がありました。
いくら市民とはいえ、過激派の集会に市が管理する
会場を貸すことはできないという使用拒否処分に
対して裁判が起こされましたが・・・
最高裁は使用拒否処分を認めました。

泉佐野市民会館事件

また、日本国憲法で定める人権については、
外国人にも、人権の享有主体性がある。
(日本で生活する外国人にも及ぶ)ことを
最高裁も認めています。

マクリーン事件

つまり、今回の意見公募用の原案は日本国憲法の
条文と判例を照らし合わせても瑕疵があるとは思えない。
在日韓国・朝鮮人に対するヘイトスピーチもNGだけど
在日韓国・朝鮮人が日本人に対するヘイトスピーチもNG!!
両方ダメですよ!!という内容の条例案なのです!!

在特会は、これに反対して、聞く耳を持たないと報じられていますが・・・
しばき隊にも該当する条例だから、正に法の下の平等なのです!!
在特会も、しばき隊などにカウンターかける必要もなくなります。
今まで、行動してきた事は、決して無駄ではなかったと思います。
本当に、在特会の皆さん、お疲れ様でしたと思っています。


▼だからもう、こんなこと出来なくなりますね!!

kayamarika1

【大学の自治】 #香山リカ 先生を、ネット民は、ただの「基地外」で済ませてはならない!!冷静に詰めませんか?  【ご都合解釈!?】

これは、とても良い条例なので、
このような反政府デモにも該当するように
是非とも法律にしてもらいたいものです。

以上、最近過去の認識の甘さを反省しまくり@佐渡暇人放送でした。