佐渡暇人放送のきまぐれBLOGです。
ニュースやTV番組のツイッター実況などを元に主に構成されます。

佐渡暇人日記

真面目な政治経済から助平な政治経済まで書き綴ります。 ツイート上限回避のために、まとめとしても活用します。 尚、アメブロがR18カテゴリーが無いため、こちらと併用しておりました。
佐渡暇人日記(アメブロ版)

佐渡暇人放送禁止日記過去ログ

佐渡暇人放送@性時経済BLOG(過去ログ)

佐渡暇人放送公式HP
管理人@佐渡暇人

    真面目な政治経済から助平な性事経済まで語る。佐渡の暇人のおっさんです。
    ツイッターの情報を中心に、二番煎じのまとめを作っております。w
    尚、1日の最終まとめは、TWILOGを辿ってお読みくださいい。
    http://sadohimajinhousou.blog.jp/archives/30092246.html

    国会関連ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    本日、平成28年度予算案及び関連改正法案が衆議院本会議で可決。

    ▼本会議場の、この雰囲気いいですね~
    honkaigi20160301
    ▼大森議長貫禄!!
    ooshimagicyou20160301
    ▼御約束の
     「議長ーーーーー!!
     (中略)求めまーーーす!!」
    gicyoumotomemasu20160301

    ▼実況ツイートまとめ
    ▼関連ソース
    【まとめ】
    私個人としては、与党案・おおさか維新案を検討した上での
    融合型の予算案になればよかったのでは?と思いましたが・・・
    なにせ、予算委員会に関係のない質疑ばかりを反自民党の
    民主・維新・共産らが行って審議妨害をしたがために・・・
    無駄に75時間かかっただけで、十分な議論ができなかったのでは
    ないか?という風に思っております。
    だが、おおさか維新の会は実働期間が間もない状態でありながらも、
    短期間に、よくあれだけの改正法案・改正予算案を出したかと
    思うと、流石は橋下徹母体の主流派の維新だと感動致しました。
    私は、維新分裂後の中身までは大阪府民ではないので、まだまだ
    勉強不足でわからない部分の方が多いかもしれませんが・・・
    野党の本来あるべき姿だと国会を生放送で見て最近感じておりました。
    これからの、おおさか維新の会の行動に注目したい!!
    私は、自民党員ですが・・・こういう野党に居て欲しいと思っております。

    以上、良い議員と悪い議員が国会見るとよくわかる@佐渡暇人放送でした。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    本日、3兆3213億円規模の
    今年度補正予算案が可決・成立した!!


    独自の経済分析で必ず過去の数字と検証するテレビ東京!!
    「バラマキ」と批判する民主党と自民党政権を比較検証しました!!
    動画ニュースは、テレビ東京ビジネスオンデマンド会員にならなくとも
    一定期間番組ホームページで無料視聴可能につきツイートを添付致します。


    ▼動画ニュース・ツイッター実況
    ⇒バラマキと民主党が批判するも、
      バラマキすらできなかったことが露呈される結果となった。


    ▼内閣官房公式ツイッター情報
    ⇒政府見解はちゃんと読んで検証しませんとね。

    【まとめ】
    seifuhoseiyosan20160120
    やはり、「数字」に拘るテレビ東京!!
    このような報道は他局はしないでしょう。
    henkouhoudou
    アベノミクスは成功を明確に評価!!
    日本経済新聞社が身内だと大違い!!
    スポンサーも銀行・証券会社ですしね。
    けど、土曜日だけは一本アカイ番組が・・・
    ま、これでバランス保ってるのですが・・・
    ▼視聴可能エリア外の方はVODで!!
    (おまけ)
    bakabonminsyu

    以上、アベノミクスの
    果実は大きかったのだ!!@佐渡暇人放送でした。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    今日の国会を見てて驚いた。
    やはり、私の見解も間違いではなかった。

    ▼軽減税率で個人事業主が廃業に追い込まれる虞がある。
    ▼私も同様な懸念があった。

    その理由とは・・・


    ▼国会では、増税反対を前提に軽減税率導入を提案していたのに何故?

    ▼国会公述の資料は、社民党の社民主義政策案のものと判明!!

    【補足】

    この矛盾点を、田淵隆明氏とのツイッターのやりとりで確認するも回答を
    はぐらかされて、軽減税率のメリットだけを訴えられた。

    ▼不毛な人と不毛な議論をするハメになりました。

    tabuchitaakaki


    【まとめ】

    ▼結果、こうなりました。
    以上、田淵隆明はこの国を社会主義国家にする気なのだろうか?@佐渡暇人放送でした。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    NHKの国会中継の自民党・片山さつき議員が
    一億総活躍社会に向けての労働衛生問題を質疑されてるのを聞いた。

    ストレスチェックの義務化は本当に大事だと日々思っている。
    実際に、自分も病気で半年休んだこともありますし、病んで働けなくなった人も見てきた。
    人事関係の仕事もサラリーマン時代に経験しただけに、本当に重要さを感じています。

    ▼こうなる前に、ストレスチェックをして未然に予防して頂きたいものです。
     特に今年は社会的地位のある方のおかしな行動が目立ちますから・・・

    特に、香山リカ先生の場合は精神科医でもある・・・

    kayamarika1

    それだけ、ストレスが多い社会なんだと実感しました。
    病気のまま無理に働いて問題起さないためにも、周囲の方も言動がおかしいと感じたら、
    精神科受診などを勧めるとか、助け合いが必要ではないか?と改めて考えさせられました。

    片山さつき議員、素晴らしい質疑でした。

    以上、私は今は病んでない@佐渡暇人放送でした。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    本日、来年度補正予算案が原案通りに衆議院を通過しました。


    しかし、この内容があまりにも内容なだけに・・・

    安倍総理は、本気で軽減税率導入による増税をするとは思えない。

    ⇒その理由

    ①この軽減税率は野党が求める消費税上げた分、食料品などは安くして欲しい。
     という「格差のない社会を!!」「弱者ガー!!」「人権ガー!!」の主張。
     前回の8%増税の際に、一部食品類を除くように野党が訴えていた。
     少なくとも、新潟の、ある共産党員は主張していた。
    ②軽減税率案は6月13日の国会で田淵隆明氏が公述人として発言されている。
     この時の資料は、社会党の社会主義政策の原案の1つに用いられたものである。
     民主党野田政権の頃から増税反対の姿勢で田淵氏は軽減税率導入を主張してきた。
    ③軽減税率導入は増税しないことが原則のはずが、増税案が出ても田淵隆明氏は
     軽減税率の導入を訴えている。

    ▼その根拠
    つまり、本来ならば野党は軽減税率による増税を反対するのであれば、
    安倍総理に責任追及する前に、軽減税率を増税なしで導入を後述した。
    田淵隆明氏を参考人招致すべきだったことすら気がついていなかったのか?
    意図的にしなかたのか?分かりませんが?結果的に国会で質疑しなかったのでした。
    ▼その根拠

    【補足意見】
    軽減税率導入で増税する政府案を、田淵隆明氏が否定していない。
    それどころか、増税しないことを前提の軽減税率のはずなのに・・・
    軽減税率導入だけは、お飯の食い上げにでもなるのか?未だに主張している。
    ところが、国会に参考人招致されないからなのか?国会中継をツイター実況
    している私に、田淵氏が聞いても居ないのに色んな資料を送りつけて来た。
    これも、検証するチャンスと受け止めた結果。
    軽減税率はダブルスタンダードの主張でしかないから、
    きっと安倍総理は、安保法案の時に散々揚げ足を取られて
    「十分に議論がなされてない」とバカ野党が騒ぐから、十分に議論させたんだと思います。
    実際、総理は増税の議論の最中は外交して他の仕事をこなしたわけですから・・・
    もう、10%増税も一度見送ってるわけですし、本気でこんなダブルスタンダードの
    穴だらけの軽減税率案を導入して増税なんて本気で考えてないと私は思います。
    審議の結果どうなるか?まだ結果が出ていませんから断言は出来ませんが。
    いずれにせよ、来年度補正予算案が衆議院を無事通過してよかったです。

    【総括】
    軽減税率案も野党が投げたブーメランwww
    abesouribumeran20160106

    以上、来年度補正予算案衆議院通過で飯(゚д゚)ウマー@佐渡暇人放送でした。

    このページのトップヘ