佐渡暇人放送のきまぐれBLOGです。
ニュースやTV番組のツイッター実況などを元に主に構成されます。

    ニュース実況

    勿論トランプ大統領の自国第一主義・保護主義の問題点も多々あるが・・・
    この中でも、入国制限に関しては、抜き打ちテロリストチェックになったのではないだろうか?
    何かあれば、差別ガー!!って騒ぐけれども・・・テロリストに殺されるよりマシではないだろうか?
    こぞって「トランプ大統領の入国制限令を批判しているが・・・
    何で誰もテロリストの所為で入国制限かけられて迷惑だ!!」って言わないのだ?
    民間企業なら未だしも米国議会や大統領府からも批判の声が出ているが・・・
    バカなの?www

    【昨夜のBSJAPAN/テレビ東京の報道を実況致しました。】
    ▼BSJAPAN/日経プラス10




    ▼テレビ東京/ワールドビジネスサテライト



    【まとめ】
    ここまで他局は報じただろうか?
    SnapCrab_NoName_2017-2-1_12-18-36_No-00
    SnapCrab_NoName_2017-2-1_12-18-45_No-00

    トランプ大統領はなんだかんだで公約どおりに真面目に仕事をしているわけで・・・
    テロリストがいなければ、こんな入国制限なんかかけずに済むわけだから・・・
    トランプ大統領の政策が良い悪いはともかくとしても、まだ政治家になったばっかりですし・・・
    これまで実業家として這い上がってきた人を成功もしてない若者たちまでデモをするなんて・・・
    デモは権利というけれども・・・検証もせずにデモばかりやるのは如何なものかと。
    批判よりも、安倍総理みたいに説得を試みようというのが一番妥当な判断なのではないだろうか?
    SnapCrab_NoName_2017-2-1_12-15-15_No-00

    この見解が正しいか間違っているか?は賛否両論だとは思いますが・・・・
    批判するのは一番簡単だと思います。
    以上、佐渡暇人放送でした。 

    「保育士の待遇ガー!!」「介護士の待遇ガー!!」って、ガーガー騒いでるけど?
    野党4狂党の国会議員って、デモやるばっかりで、具体的な法案出せないよね?
    あーデモ違い!!
    でも、政府は保育士・介護士の待遇改善も盛り込んだ予算案を提出するってよ!!www
    SnapCrab_NoName_2016-12-20_11-2-54_No-00
    ▽テレビ東京のニュースは絶対に見るをことをお勧めします。


    よかったね!!安倍政権ちゃんと、要望聞いてくれてるやんwww
    でも、安倍政権が手柄もって行くのが気に食わないから、情報弱者を煽ってるのよね?www

    特に、蓮舫ネクスト総理大臣ごっこは、BSJAPANで偉そうな事をほざいてたなwww

    【関連ソース】
    【まとめ】
    abeseijiwoyurusanai

    どうでもいいけど、さっぱり野党4狂党は、することどんどんなくなるやんwww
    国会議員辞めてデモ屋になったほうがいいんじゃね?www
    私は、安倍政権に期待します。多くの国民もそうだから政権取っているのです!!
    abeseijiyurusu

    以上、佐渡暇人放送でした。 



    あまりにも、ツイッターのTL読んでいたら酷かったので続報を放送しました。
    ▽こちらの記事を元に放送しました。
    ▽ツイキャス放送録音データ


    【まとめ】
    山尾志桜里死ね!

    SnapCrab_NoName_2016-12-4_16-30-54_No-00
    これも文学的表現ですよね?www

    以上、佐渡暇人放送でした。

    秋篠宮殿下51歳のお誕生日おめでとうございます。
    SnapCrab_NoName_2016-11-30_10-17-23_No-00

    皇室問題は、慎重に発言すべきだと思う。
    我が国の象徴であられる天皇陛下をはじめとする皇族の方々は、
    我々国民とは違い、特別な存在である。

    もう、宮内庁関係者によると・・・という形で散々誤報も流れているし、
    ネット上でも、小和田家の陰謀だのなんだのと陰謀論まで流れている。
    投票して決まった政治家に対する意見するのとは訳が違う!!
    皇族に対して、平気で言いたいことを言う事に違和感を感じてならない。
    ちょっと、メディアもネットも皇族に対して軽々しく物を言いすぎる気がするのは
    私だけでしょうか?

    しかも、なにもこのお誕生日の会見で「生前退位」のことまで触れなくても?
    もう、取材ついでに何でも聞いてしまおうとうのでしょか?
    取材の自由と言うけれども・・・その前に条理というものがあるのではないでしょうか?
    と思う反面、皇族に対してメディアも人権尊重という概念を持ちはじめたのではないか?
    いや、そこまで考えずに、なんでも聞いてしまえのスタンスなだけなのだろうか?
    等と、いろいろ思ってしまいますが・・・

    皇室問題については、国会に委ねるのが一番で国民が、あれこれ言及すべき問題ではないと。
    私は思いますので、どうしても、こういう報道には違和感を感じてなりません。

    【関連ソース】






    【まとめ】
    秋篠宮殿下のお誕生日なのだから、「殿下!おめでとうございます。」
    で良いと思うのですが・・・こういう私の考えは浅はかなのでしょうか?

    以上、佐渡暇人放送でした。

    今日の東京五輪四者会談の報道を見て危機感を感じました。
    ※誤解しないでください。丸川大臣・小池知事の対応が悪いという意味ではありません。
    本当に、大変な思いをされていると逆に思っているくらいです。
    それでは、今日の報道早速検証してみましょう。

    ▽テレビ東京の独自取材に今日もワロタwww
    SnapCrab_NoName_2016-11-29_20-45-43_No-00
    ▽実況ツイートまとめ
    ▽勝手にCM

    【関連ソース】
    ▽丸川五輪担当大臣の会見
    ▽小池都知事の会見


    【まとめ】
    このオリンピックというものはIOCがガンだと私は思います。
    工事費が高いと次に開催する国がなくなるという懸念があるなどと言いますが・・・
    建設に掛かる資材の価格は世界的相場で変動するから仕方ないんですよ。
    それに、建てて終りではなくて、そのあと興行に使えば十分に元は取れる。
    全く、スポーツバカってのは建設に関わる経済というものを知らないから、
    「やりたいやりたい」ばかりで、自分たちの想いばかりを伝えてしまうように思えます。
    けど、それを選手の立場にしてみれば過酷な練習をし、人生をかけてきた訳ですよ。
    これで五輪が開催できても、リオのようにプールの水が汚かったりしたんじゃ、本末転倒です。
    また、「税金税金」という国民の声にも配慮しなければならず、政府も東京都も大変だと思います。
    私は、建設業界に居た人間ですから、建設資材の価格変動は世界的レベルで凄まじいことを、
    わかっているのですが・・・。(銀行・貿易商社・証券会社の人は相場だから把握できますが)
    そういう業界に居た事ない人達は、なんでも目先の「税金税金」ばかりに目が行ってしまいがちです。
    どこの国も、大半が、そういうことを知らない国民ばかりですから、開催する側も大変だと思います。
    ですが、もう東京に決まってしまい。ケツは決まってるわけですから、とっとと工事を始めませんと、
    突貫工事になってしまいますよ?北京やリオみたいには、日本のゼネコンの技術力は素晴らしいから、
    ならないとは思いますが・・・突貫工事になれば労働時間なんて言ってられなくなりますよ?
    この分を一時的に期間制限で安い賃金で労働力を確保するには海外からの労働者を受け入れないと
    ならない状況にも当然なるかと思います。そうなると「イミンガー」とまた騒ぐバカが出ると思います。

    予算を抑えなければいけないのに、先に進まなければ余計に人件費が掛かってしまいますよ?
    政治家は国民の票を基に今の地位があるから、国民に納得のいくような説明を果す義務があるとは、
    言いますが・・・。理解できない国民の顔色をいつまでも伺っていては、政治は進みません。
    何をするにも、反対する連中はいるのだから、強引に進めてでも、後になって結果が出れば評価
    されるということの保障もないから、できないのは致し方ないとは思いますが・・・
    このまま、会場が決まらず、工事停滞してしまってたら、民進党が民主党時代に政権を取り、
    ネクスト内閣総理大臣ごっここと、蓮舫が事業仕分けをして建設業界に悲鳴を上げさせてしまったのと、
    同じような状況が起きないとも言い切れません。仕分けの実害を受けた国民の1人として警鐘を鳴らします。
    以上、佐渡暇人放送でした。

    【追伸】
    鳥越が都知事にならなくて、本当によかったと思います。
    ojiicyankyousantouayaturiningyou

    このページのトップヘ