kekeke7
【検証】 #日韓外相会談 合意を悪友のワルちゃんことxtreme氏がわかりやすくツイート!【#従軍慰安婦問題】

【続報1】悪友のワルちゃんことxtreme氏のわかりやすくツイート!のお陰で見えてきた。【#従軍慰安婦問題】

にて紹介したワルちゃん ことxtreme
(以下、ワルちゃんと呼称)について大暴露。www


まず、ワルちゃんとはどういう人物か?
ネット上では悪人キャラで毒吐きまくってるが・・・
口は悪いが実は、情に深くて紳士的な一面もある。
何故?そこまで書けるかと言いますと・・・
昨年の6月に東京でリアルに会って酒を酌み交わしたからである。

(個人特定されそうな部分につきましては割愛とさせて頂きます。)

それでは、ネットでの出会いから現在までの流れをお話します。


①はじめてのツイッターで出会う
それは、今から約五年前の東日本大震災にまで遡ります。
二人の出会いは被災者の救助を求めるツイッターのリツートから始まった!!
当時、私はピントがズレていました。#拡散希望 至急救助求む!!というツイッターを
兎に角、片っ端からリツイートしまくっていました。
つまり、私は無駄にリツートばかり行い、逆に情報を混乱させてしまっていたところを、
「リツイートばっかしてても救助できねーよ!災害対策本部調べねーと意味ねえから!!」
みたいな感じで、入ってきてワルちゃんが的確な情報提供をしたり電話をかけたりして、
私が散らかして混乱させたところを尻拭いしてくれて、結果多くの人命を救ったのでした。
これは、後日談であるが・・・
「ピントずれた奴だけと、なんとかしなきゃという想いは伝わったから介入した」と。
自分が以前に中越沖地震を柏崎市から新潟市に戻る途中に体験した記憶から・・・
とにかく、なんとかしなきゃと思って後先考えずに行動とってしまったのでした。
今思えば、ただのありがた迷惑な痛い奴でした。(反省 _| ̄|○)

②約二年ぶりにツイッターで再会
震災後、転職をしてツイッターも休止状態でした。
しかし、その頃体調を崩して検査入院の結果6ヶ月の自宅療養となりました。
そして、再びツイッターに戻ったところワルちゃんと再会しました。
まさか、この再会が自分の人生を大きくかえるきっかけになるとは、
そのときは知る由もなかったのでした。


▼参照記事
【行く年】新年を迎えるにあたり今年から過去4年遡ったネット生活を振り返っての反省【来る年】

③ワルちゃんとツイッターで再会後のネット生活
ツイッターに戻ったのは、ただ暇だからというだけの理由ではなかった。

▼参照記事より一部抜粋
それは、ワルちゃんとツイッターで再会する前の、東日本大震災が発生して2~3ヶ月後のことでした。
その時に、プライベイトで行きつけの居酒屋で偶然カウンターで隣同士になった女性から
丁度その時に、お店のテレビで震災後の後始末のニュースが流れていました。
「民主党政権の失敗をマスコミは擁護して真実を隠しているからネットで都度検証が必要」
などと聞かされて、夜のNHK/TBS/テレビ朝日と新潟日報を鵜呑みにしてたことに気づくのでした。
▲抜粋は以上
 
(続き・・・)
テレビ・新聞の報道とネットのニュースの内容の乖離に疑問を持ってはいたものの
中々、思うように検証する時間がないまま、朝早くから夜遅くまで働いていました。
そんな日々に、体調を崩して半年の自宅療養生活に入ったのでした。
これを機に、今後の社会復帰のことも考えてニュースの検証をしてみることにしました。
とは言うものの、どれが本当に正しい情報なのか?すぐに見極められるわけも無く
検証を繰り返している内に、ネットの情報が全て正しいと言う錯覚にすら陥りました。
そんな私に、ワルちゃんは間違いを指摘してくれ続けていたのでした。

これは、後日談であるが・・・
「ピントずれてるけど人間の良さは感じるんだが・・・考え方が左寄りなんだよな」
と思いながら、ワルちゃんは悪人キャラで毒舌吐きまくって接してくれていたのでした。
それもそのはず。
震災前に私は民主党に投票するような左寄りの思想だったのである。
しかも、投票した相手が後に暴力事件を起こした西村智奈美というアホな有権者だったのである。

暴力事件の詳細
【年末特集①】 今年地元メディアが報じなかった新潟県選出の国壊偽員  #民主党 #西村智奈美 の活動 【暴力事件】
(現在は、その罪滅ぼしとして事実を話した上で理解していただき知人の紹介により自民党員です。)

今思えば、サヨク掛かってて民主党支持していたのが原因で職を転々としたとのだと。
実際に、離職率高い会社に居たのも確かではあるが・・・
そういう面も、ワルちゃんが気づかせてくれました。
そして、私は世間一般の常識からして6ヶ月の自宅療養がリミットだと判断して退職。
現在、自営業でSNS生活も満喫中です。
(仕事の内容については割愛させていただきます。)

③ワルちゃんと東京で二人だけのオフ会
ツイッターで再会してから、仲間割れすることも無く三年目を迎えて会う事になった。
(佐渡暇人放送と名乗ってはいるが・・・佐渡にずっと居るわけではなく出張も多い。)
ワルちゃんが「時々、東京来てるんなら飲もうぜ!!」って素性を明かして誘ってくれました。

会って正解だった。(まさか、本音は失敗でしたとは口が裂けても言えませんwww)
ネット上では毒舌の悪人キャラだけど、ぶっちゃけトークの人だった。

同じ言葉でも文字と実際に声で聞くのとでは抑揚の有無で伝わり方も当然違ってくる。
つまり、ネットでもリアルでも平たく言えば、そのまんまなんだけどネットではちょっと演出している。
(それはそれで、ブラックジョークやギャクということで世間一般の常識の範囲内ということで…)

実際に、今回ワルちゃんと会う前に今まで他に3人ツイッター仲間と会って来ています。
その3人との出会いも自分が起業するに当たっての影響力は大きいです。
ただ、ワルちゃんの場合は出会ったきっかけが、東日本大震災の非常通信行動でしたので、
ちょっと稀に見ないケースではないかと思い、運命的な何かを感じます。
お互いに、「これが相手が可愛いオネエチャンだったら良かったよな?」って
言っては居ますが・・・
こういう男同士のつながりも中々良いものだと思っています。w

④実際に会ってから現在まで

実際に会ってからというもの、ますますツイッターで絡むようになりました。
二人ともネット上では馴れ合いみたいなことをやったりしては居ますが・・・

馴れ合いです。w

ネタバレさせますが、スカイプでやりとりしながら情報共有てしてるから連携がとれるんです。

特に昨年は、安保法案成立と従軍慰安婦問題日韓合意という大きな動きがありました。
国会中継やニュース番組の実況に、何かに取り憑かれたのように熱くなりました。

ワルちゃんに
「俺がネタ拾ってきてツイートしとくから、
お前まとめてBLOG書けよ!!」と。

毎回、唆されては、自分も嫌いじゃないから、ついつい書くのでした。
けど、これは実生活でも役に立つことなので楽しく書いて現在に至っています。
数多くある、まとめ&BLOGの1つでしかありませんが・・・
誰かの役に立ててる。あるいは、いずれ役に立つこともあるのではないか?と。
私は、そう思っています。
(断言はできませんが)


⑤まとめ
「足を向けて寝られない」
ワルちゃんは、サヨク掛かった自分に軌道修正を掛けてくれました。
世渡りが下手な自分に、悪知恵をつけてくれました。
そうとなれば、当然足向けて寝られませんよね?

が、しかし・・・
足を向けて寝られない理由は別にあるのです!!


その理由は・・・


「足向けてねられねーよな!!」

               У
kekeke7

って・・・ワルちゃんから言われているからです。。。(爆)

おしまい。


以上、一部実話に基づくフィクション@佐渡暇人放送でした。