流石!!安定のテレ東!!
他局は、高知東生覚せい剤事件で大騒ぎしている中で、政治経済を最優先した報道!!
EU離脱問題の特集を急遽時間短縮して小池百合子都知事選挙出馬特集をぶち込む!!

newsanserkoikeyurikokanteisyuzai20160629

▼一定期間動画ニュースが御覧頂けます。
 (見逃し配信⇒ テレビ東京ビジネスオンデマンド
▼主な実況ツイート






▼実況ツイートまとめ

【個人的見解】
自民党も東京都議連の行動には違和感を感じる。
猪瀬さんの辞任にしかり、今回のマスゾエにしかり・・・
どうも地方政治が出鱈目で野党共闘かよ?と思うような行動をとってみたり・・・
東京都民ではないから、外野が騒いでいると言われるかもしれないが・・・
自民党員の一人として、こういうカオスな状況だから、自民党というだけで
地方政治と国政は別々なのに糞味噌一緒にしてマスコミに騒がれるんだと思う。
桜井翔のお父さん擁立で一本化したいという事自体には反対しない!!
桜井俊氏も総務省の元官僚だから行政を知り尽くしてる人格者だと思うし寧ろ賛成!!
けど、都議連に打診がなかったと小池百合子氏を批判しているけれども・・・
今までの一連の猪瀬元知事の頃からの行動みてれば、小池百合子氏だって
都議連を宛てになんてしないのではないか?という風に思える。
都議連に打診と言うけど・・・それは、慣習上のもので別に強制されるべきでは無いはず。
「自分たちが擁立したい候補を擁立しないなら出馬するな!!」みたいな態度に思えてならない。
まるで地方選挙に関する最高裁判決の三井美唄労働組合事件をも連想されるような事態である。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
□□参考□□
三井美唄労働組合事件
(事件概要)
労働組合の擁立した統一候補が居た時に、
自ら立候補しようとした組合員を統制違反者として処分してしまったという事件。
(判決概要)
1.立候補の自由は憲法15条の基本的人権として保障されている。
2.立候補取り下げの勧告または説得は許されるが、その域を超えて取り下げ要求をし、
 それに従わないことを理由に統制違反者として処分することは、組合の統制権の限界を
 超えるものとして許されない。
最高裁は、統一候補であろうとなかろうと立候補の自由を認める判決を出している。
引用元:三井美唄労働組合事件最高裁判例データベース
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
だから、小池百合子氏が出馬することは立候補の自由として憲法上尊重されるべき話。
自民党が推薦しようとしまいと、立候補するのは自由だろうから、都議連が打診するのが
筋だの云々かんぬん言う筋合いの話ではないと思うし、打診したことろで桜井俊推薦方向で
あることは明白だっただろうから、小池氏だって正直、都議連なんぞ宛てになんてしてなかった
のではないかと思う。(断言は出来ませんが・・・)
都議連が桜井氏を擁立したいと言っても、本人が出馬表明してないのであれば・・・
都議連ばかりが騒いでいたってどうにもならないのではないか?と思う。
東京都議連には、猪瀬さんの辞任に対しての対応以来、違和感を感じてならない。
地方政治がこんなカオスな状況だから、自民党の国政にまで糞味噌一緒にされて
アベ政治を許さない報道がされてしまうのではないかと思う。(断言は出来ませんが・・・)
自民党員として、地方のこういう自民党議員のカオスな言動には本当に迷惑!!
こんなことばかりやってたら、東京都知事怖くて仕舞いには誰もやらなくなるんじゃないだろうか?
以上、佐渡暇人放送でした。