佐渡暇人放送のきまぐれBLOGです。
ニュースやTV番組のツイッター実況などを元に主に構成されます。

佐渡暇人日記

真面目な政治経済から助平な政治経済まで書き綴ります。 ツイート上限回避のために、まとめとしても活用します。 尚、アメブロがR18カテゴリーが無いため、こちらと併用しておりました。
佐渡暇人日記(アメブロ版)

佐渡暇人放送禁止日記過去ログ

佐渡暇人放送@性時経済BLOG(過去ログ)

佐渡暇人放送公式HP
管理人@佐渡暇人

    真面目な政治経済から助平な性事経済まで語る。佐渡の暇人のおっさんです。
    ツイッターの情報を中心に、二番煎じのまとめを作っております。w
    尚、1日の最終まとめは、TWILOGを辿ってお読みくださいい。
    http://sadohimajinhousou.blog.jp/archives/30092246.html

    2017年10月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    新潟日報の報道によると・・・

    無所属は比例代表に重複立候補できず、小選挙区で敗れると、復活当選の可能性もない。ある無所属候補は公示日の10日、個人演説会で「政見放送なし、ビラ配布枚数も少ない、一番大きいのは比例復活がないこと」とこぼした上で、「でも私は筋を曲げなかった」と聴衆にアピールした。

    ▼新潟日報の報道を元にツイート


    【私見概要】

    nishimurachinamikikutamakikobaka

    無所属の現実は本当に厳しいと実感させられる記事でした。

    新潟日報も、左に偏りすぎているが、今回は良い記事でした。

    私は、元民主党支持者であり、西村智奈美氏に一票を投じた!!

    nishimurachinamiheiwa
    だが・・・

    民主党政権の事業仕分けにより実害を食らい大変な目に遭った。

    2ijyadamedesukarenhou

    また、こんな事件まで西村智奈美は起こしている!!

    こういうこともあり、今は、大嫌いだった自民党に現実を受け入れて支持に回った。
    これも、人によっては評価は賛否両論だろう。

    ▼その経緯は・理由はコチラ


    だが・・・

    私は、西村智奈美・菊田真紀子両氏を一定程度認めている。

    kikuamakikonishimurachinamipinkuhachimaki1

    何故ならば・・・

    希望の党に、安保反対から安保賛成に掌返して、鞍替えした連中に

    比べれば、正々堂々と売国姿勢を貫く姿勢は素晴らしいからだ!!

    記事全文はアメブロにて

    ※あくまでも解釈は各自に委ねます。

    以上、佐渡暇人放送でした。


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    これまでを振り返ると・・・
    『国難突破解散』この言葉はとても重い・・・
    kokunantoppakaisanabesouri
    これは、北朝鮮情勢の解決に本気で乗り出したことになる。
    これまでを振り返るとこうだ。
    【トランプ大統領が日本人拉致問題を国連で言及!!】

    恐らく、米国が、いよいよ北朝鮮を攻撃すると私は思う。

    時期的には、3カ月以内くらいではないか?と私は思う。

    度重なるミサイル発射も受けて、トランプ大統領が言及した!!

    日本の拉致問題について言及するなんて異例だと思う!!

    trampkitacyonrachihihan

    そうでなければ、こんな時期に、国難突破表明はしないだろう。

    実際に、組閣人事を改造したばかりなのに、不思議すぎる。

    ▼そこで、私はこのように推理した。




    【推理の根拠】

    いずれ、小池百合子も日本初の女性総理を狙っているだろうから、

    隠し玉として希望の党という箱は用意していた。

    まさか、こんなに早く使うとは本人も思わなかっただろうが・・・

    だが・・・

    そうなると・・・

    日米安保・集団的自衛権・憲法改正に反対の極左議員が居ては、

    先に進むことができなくなるという危惧があったのではないだろうか?

    私が、安倍総理ならば極左議員を選挙で大敗させるように仕向ける!

    それが、できるのは小池百合子しかいないのではないか?と。
    安倍総理も考えたのではないだろうか?

    ~中略~

    私の推理が間違っているかもしれないが・・・

    北朝鮮拉致問題・ミサイル問題に新潟が直面しているのは事実。

    今、安倍総理に託すしかないことも紛れもない事実である。

    憲法9条を守れ!戦争反対!という考えは立派で否定はできない…

    だが・・・

    時代も変ってきている!!時代の流れは速い!!

    72年前で思考が停止していたら、国難を突破することは不可能!!

    敗戦国は、戦争せずに勝つ国にならないとならないのである!!

    ▼安倍総理は本気だ!!


    ▼自民党も本気だ

    ▼だから、最終的に安倍総理に託すしかないのである!!▼国民は、選挙区の自民党候補に託すしかないのである。!!

    これの考えを人に押し付けることはできないが・・・

    1人でも多くの有権者に想いが届くことだけは祈ります。

    記事全文はアメブロにて

    以上、佐渡暇人放送でした。



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    私は、安倍総理のアベノミクスや労働法改正関連等については、

    非常に不満であり、野党に批判されるのも当然だと思っている。

    だが・・・

    北朝鮮拉致問題・北朝鮮ミサイル問題に直面している新潟では、

    そんな小さな事をgdgd言っている場合ではないのが現状である。

    konokuniwomamorinukuabesourijimintou

    一日も早く、この国難は突破しなければならない現実を鑑みると、

    安倍総理の政治運営に不満があったとしても、外交努力を見て、

    「この国を守り抜く」という決断は、支持せざるを得ない!!

    それが、日本人ならば普通の考えではないだろうか?

    ▼安倍総理は本気である。


    ▼自民党も本気である。

    ▼だから私は、自民党に託す!!



    これの考えを人に押し付けることはできないが・・・

    1人でも多くの有権者に想いが届くことだけは祈ります。

    記事全文はアメブロにて

    以上、佐渡暇人放送でした。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    私は、この選挙戦についてBLOGを書き続けてきた。
    abesourikoikeyurikotorihiki

    厳密に言うと、結果的に都知事選挙の頃にまで遡ることになる。

     

    私は、一貫して言い続けてきた・・・

    『小池百合子は、民進党に飲み込まれることはない!!』と。


    その根拠について、時系列に並べ、途中で振り返り、また時系列

    に並べ替えるという形で、検証しやすいように、にまとめ直した。

    まず、斜め読みをしてから、リンク先を必要に応じてお読み頂く

    形が一番効率の良い検証になると思います。

    【斜め読みのポイント】

    ①小池百合子のメリットとデメリット

    ②小池百合子に関するデマ

    ③小池百合子を叩きは逆効果

    ④小池劇場にムキになったら迷路にはまってしまう。

    ⑤自民党安倍政権を私が支持せざるを得ない理由

    以上をポイントにお読み頂ければ幸いです。

    ▼現時点でのまとめはコチラ


    【私の想い】

    kokunantoppakaisanabesouri

    新潟は特に、北朝鮮拉致問題・ミサイル問題に直面している。

    私も自民党員ではあるが、安倍政権に当然不満も持っている。

    だが・・・

    こんな小さい不満に拘っている場合ではない!!

    今、国難突破が最重要且つ最優先課題であるのだ!!

    ここは、自民党に頼るしかないという現実を受け入れて欲しい!!

    記事全文はアメブロにて

    これの考えを人に押し付けることはできないが・・・

    1人でも多くの有権者に想いが届くことだけは祈ります。

    以上、佐渡暇人放送でした。




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    私は、これまで小池百合子氏を都知事選の頃から検証してきた。

    推理の結論から言うと・・・

    安倍総理と小池都知事は、いつでも組めるように準備はしていた。

    abesourikoikechijigorinakusyu1

    【これまでを振り返る】

    小池百合子は、都知事選でも、見事にパヨク・ノンポリを劇場型の

    政局を演じて、都知事の座を獲得したことは記憶に新しい。。。

     

    つまり、「敵を欺くには、まず味方から」というヤリ方だ!!

    それを、卑怯と解釈するか?策士だと解釈するか?は賛否両論。

    zenmenkousou

    だが・・・

    小池百合子の劇場型政局にばかり、メディアやジャーナリスト達は、

    目について、そこばかり追いかけているように私は思えてならない。

    勿論、政局の状況とかは、メディア・ジャーナリストの情報がないと、

    実際に、国民は困る訳ですから、その人達の存在意義は大きい。

    批判的な意見ばかり書かれていても、それは、その筆者が感じた

    事を書いているのだから、無い事を有る事にしない限りは偏向報道

    だとは私は思わないが・・・

    真正面から見すぎではないだろうか?とは思える。

    記事全文はアメブロにて

    ※この国は自由選挙につき、投票を強制する意図ではありません。

    以上、佐渡暇人放送でした。

    このページのトップヘ