佐渡暇人放送のきまぐれBLOGです。
ニュースやTV番組のツイッター実況などを元に主に構成されます。

佐渡暇人日記

真面目な政治経済から助平な政治経済まで書き綴ります。 ツイート上限回避のために、まとめとしても活用します。 尚、アメブロがR18カテゴリーが無いため、こちらと併用しておりました。
佐渡暇人日記(アメブロ版)

佐渡暇人放送禁止日記過去ログ

佐渡暇人放送@性時経済BLOG(過去ログ)

佐渡暇人放送公式HP
管理人@佐渡暇人

    真面目な政治経済から助平な性事経済まで語る。佐渡の暇人のおっさんです。
    ツイッターの情報を中心に、二番煎じのまとめを作っております。w
    尚、1日の最終まとめは、TWILOGを辿ってお読みくださいい。
    http://sadohimajinhousou.blog.jp/archives/30092246.html

    2017年07月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    決して、人のBLOGにケチつけるわけではありませんが・・・

    自民党内では、どうも物申すことが出来ない空気らしい。

    意見は意見としてあって良いと思うし、結局それが通らなくても、

    最終的に党で多数決で決まったことは党議拘束される訳だし・・・

     

    まあ、確かに私も村上氏については痛々しいと思う面もあるから、

    村上誠一郎に自民党を去れ!という気持ちも全くわらなくもない。

    ▼リブログの詳細はアメブロにて

    石破茂氏と村上誠一郎氏は、またちょっと違う。

    正直、村上氏については、私も検証不足なところがあるので、

    はっきりとしたことが現時点では言えないのではあるが・・・

    今後の動向を見て、結論は出したいとは思っている。

    今回の記事に信憑性もあるので、疑いの目で見てみようと思う。

     

    でも、ネット上で村上氏が嫌いなのはデブだからとか?

    murakamiseiichirou

    そういう反応は、全くの感情論でしかないから戴けない。

    なぜならば・・・

    私もデブだからだ!!www

     

    村上氏がスマートでダンディーだったら許せるのか?

    と問いたい。

     

    以上、佐渡暇人放送でした。 

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    人のBLOGにケチつける訳ではないが・・・

    自民党内では、どうも物申すことが出来ない空気らしい。

    意見は意見としてあって良いと思うし、結局それが通らなくても、

    最終的に党で多数決で決まったことは党議拘束される訳だし・・・

     

    それに、やはり特亜を極端に嫌っている人達と言うのは・・・

    二階幹事長の事も、中国に媚を売ると批判している。

    今回も石破氏と二階氏は引き合いに出されていることから・・・

    現実よりも理想を追求しているタイプの人達なんだなと思う。

    これを、悪いとも言わないし100%間違っているとも言わない。

    ▼リブログ詳細はアメブロにて


    だが・・・

    現実問題、交渉相手が常に、この人達と同じ土俵にいるとは限らない

    訳だから、それぞれ土俵の外に居る人との交渉する人間の必要性

    も決して否定する事はできないのである。

    ishibashigerusankei20170720

    人それぞれ、自由選挙権が日本国憲法で保障されており、

    どの政党を支持するも、どの政治家を支持するも自由です。

    なので、石破茂氏をどうしても好きになれない人達に対して、

    何で?わからないんだ!!なんで嫌いなんだ!!なんて、

    責めるつもりは毛頭ありませんが・・・

     

    石破茂氏の、やってることは納得いかない人達も居ることも、

    承知の上で、私は石破さんのやり方は賛否両論なのは当然

    だと思いつつも、そうせざるを得ない現実もあるということを、

    頭の片隅に置いていただければとは思います。

     

    誰もが、自分で情報検証できるスキルを持っている訳じゃないし、

    どんなに民度が低い有権者の多い地域であったとしても、

    そういう地域ならば尚更の事、野党みたいなことを言って、

    民度の低い有権者の目線に立って説明しなければ、当選する

    ことはできませんし、当選しなければ何もできません。

     

    現に、昨日の仙台市長選挙だった自公が負けてるではないか?

    これだけ、まだ地方は情報弱者で溢れかえっているのです。

     

    以上、佐渡暇人放送でした。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ここ連日、石破茂叩きが激化しているので

    BLOGを連日のように、書いて参りましたが・・・

    小池都知事と同じで、根拠不明確な情報も錯綜しておりますねえ。

    ishibakoike

    ▼関連記事

    【#夏休みの自由研究】ネットメディアに連動する小池叩きと石破叩きwww【ネットの構図】


    昨日、アンチ石破の本音を聞くことができました。

    てか、この手のツイートに、私のことを熟知しているアンチであれば、

    長期ロック食らっても、こんな基地外に構っちゃいけねえと認識し、

    絡んでも来ないのだが・・・

    ニワカネットユーザーで、ネットの情報に煽られまくってるような、

    情報弱者ってのは、正義感なのか?凸してきますねえ。


    ▼けど、所詮はこんな程度です。
    ishibamatomeunomi

    ishibakiraiabesuki


    こんな本音が出たら、岩盤規制がどうのとか、拾い物画像を貼って、

    ウンチク言ったところで、自分で自分に卓袱台返しですよ。www

    この人のTLを読む限りは、アンチ小池は兼任してないようですが・・・

     

    TLを見る限り、殆どRTばかりで自分の意見は殆どないですね。

    まあ、それは個人の自由だから、否定はできませんが・・・

     

    結局は、受け売りでコピペしかできないんです。www

    てか、こんな薄っぺらな考えで政治語ってたら、テレビで偏向報道

    しているバカコメンテーターのことを笑えないよね?www

    と、同時に、インテリ左翼に笑われてしまうことを認識したほうが、

    私は良いと思います。(強制はできませんが・・・)

     

    ▼記事全文はアメブロにて


    【補足】

    好き嫌いの感情だけで理論的に考えられないのであれば、

    私は政治を語るべきではないと思います。

    政治は理屈だ!!法理も絡んでくるから、理屈が嫌なら、

    政治を語るべきではない!!

     

    こんな薄っぺらさでは、野党4狂党の政治家や支持者の

    ネットのバカ連中の事を笑えないぞ?

     

    まあ、一々人のTLに言って説教して回りはしませんが・・・

    自分もガセネタに騙された反省がありますから・・・

    私のTLに来た以上は、遠慮なく言わせて貰いますので、

    言われたくない人は絡まないことです。


    以上、佐渡暇人放送でした。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    安倍総理の批判がテレビ・新聞等の偏向報道に連動するように、

    小池百合子都知事・石破茂議員の批判も連動している。

    ishibakoike

    さて、ネットのジャーナリストの見解も結構外れるが・・・

    今回は当たるだろうか?

    申し訳ないけど、都議選では私の予想のほうが当たった。www

    裏取ってるつもりかもれないけど・・・

    私が見る限りでは、本当にこれで裏取ったと言えるの?と。

    そう思う部分が多々あります。

    勿論、私も完璧ではないし、過去に誤報流した経験もある。

    でも、大事なのは誤報流しても訂正することではないだろうか?

    「間違えたら、ごめんなさい。しなさい。」と。

    幼稚園で習わなかったか?www

    ただ、それだけのことなんだけどなあ・・・

    それで飯食ってる人達って、訂正できないのかなあ?

    まあ、立場的にスポンサーの意向をくまなくちゃならんのも・・・

    わからんでもないんですけどね。www

    ▼記事全文はアメブロにて

    以上、佐渡暇人放送でした。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    あまりにも、記者会見での質問がキレッツキレだから、

    地上波では中々お目にかかれないけども、フジテレビのバイキングには

    何度か出演をされてるようだが・・・

    実際に放送は見ていない。(爆)

    adumiakiko
    ▼こんな菅官房長官への質疑は地上波では流せないわな。www



    ▼蓮舫への大爆笑質疑の詳細はコチラ

    ▼更に詳細はアメブロにて

    以上、佐渡暇人放送でした。

    このページのトップヘ