本日未明に一本BLOGを書きましたが・・・
福島みずほ極左売国弁護士の国壊疑員大先生の詭弁が酷すぎる。
早朝のツイートから更に一層、犯罪者を正当化するような詭弁がエスカレートしております。
先に、懸念を表明した民進党の蓮舫はバカだから、妄想と陰謀論で話しておりますが・・・
福島みずほは司法試験合格者だけあって、ご都合解釈が酷すぎます!!
蓮舫よりも、そういう面では肩書きだけで説得力があるので危険なのです!!
そもそも、こんな重要な問題をBLOGではなく単発ツイを乱発すること自体が危険!!
この文面から、どれだけの人が矛盾点を指摘できるだろうか?
ある程度、法の知識がない限りは、なんとなくだけでど危険な法律を
安倍内閣が作ろうとしていると思い込んでしまいます。
それが狙いであると解釈されても致し方ありません!!

※感情論で煽って書いてるBLOGではありませんので、
 きちんとした根拠を元に順番に検証していますので長文になることを予めご了承ください。

▼本日未明のBLOGを、まだお読みでない方はコチラ
▼基礎法学・憲法の参考書及び社会通念上の常識よりダメ出しツイート!!


私が弁護士でないがために、私の言葉が詭弁だと言われかねないのは折り込み済み。
独学ではありますが、自分勝手なご都合解釈を避けるために、真っ当な法律書を読みました。
法律系試験の世界ではカリスマ的存在の伊藤塾塾長(弁護士)の伊藤真先生の書籍が中心です。
▼独学検証の証拠
学説の争いの関係で私の解釈に否定的な意見は当然あるかとは思いますが・・・
どんなに学説の争いで否定をしても最高裁判所の判例までは批判はできても存在否定はできません。
基礎法学・憲法に基づいての法律解釈も状況に応じて解釈方法も変わりますから判例が存在する。
自分たちに都合の悪い判例には批判的なのが学者・弁護士のウンチクですが・・・
我々国民は憲法で人権保障をされ、法律に従って生きる義務がありますから・・・
国家に対してのみ憲法守れ!法律は自分たちの都合に合わせろ!!
憲法に現実を合わせて目をつぶれ!!みたいな極左の主張は原理主義的思想で危険です!!
こういう思い込みからデモが暴動へと発展して現在に至ってることは歴史が物語っています。
我々は現実社会の中で生きているのだから、現実に即した憲法改正・法律の改正・新法制定を
積極的に行わなければ、時代の流れの中で幸福追求の権利を全うすることすらできません。
弱者の救済は必要ですが、弱者優先したら逆差別になってしまうということが現実なのです。

【参考書籍一覧/アマゾンで購入できます。】
伊藤真の法学入門 講義再現版
伊藤 真
日本評論社
2010-04-27














【総括】※内ゲバで頃したらこの人たちのお仲間になりますので、そういう意味ではありません。www

SnapCrab_NoName_2017-1-10_5-39-34_No-00
憲法で思想・信条の自由は保障されておりますので、どんな考えを持とうがそれは原則自由です!!
しかし、それを表現するとなると無制限に自由ということではないことは、憲法の条文を持ち出さなくとも、
世間一般の常識で「人と人との権利は衝突する」どこかでお互いに妥協は必要になってくるのは明らかです。
これも「公共の福祉に反しない限り」とご丁寧にも日本国憲法の至る所に明文されているのです。
それを、明文してないところを穿り返して、これは明文化されていないから私はこう判断する!!
それは、それで構わないのですが・・・基本的なことを知らない国民の方が圧倒的に多いわけで・・・
福島みずほの持論だけを鵜呑みにして、それぞれが勝手に統一性なくバラバラに解釈したのでは、
「コーランに書いていないから死こそ救済!!」と各々で勝手に自爆テロを繰返している中東の、
過激派テロリストと思考回路は何ら変わりありません。原理主義というのは非常に危険であります!!
宗教が国の統治機能を握ってしまうと、こういう危険性が出てくるから日本国憲法では政教分離が
取り入れられて一定の宗教と国とのかかわりを制限しているわけで、自分たちは危険ではない!!
と主張しても傍から見たら危険な人達の行動を一定に制限を加えるのも憲法を守った立法なのです!!
政府(行政)の思うがままにされてしまうと言うが・・・政府(行政)は国会で立法された法律に基づいて、
国家・国民に対して仕事をしているわけですから、この人たちの論法では自分たちの気に入らない政権は、
政府として認めないということは、三権分立を蔑ろにした、立憲主義に反する行為のほかありません。
この、福島みずほの理論は法という仮想空間の中では通用しますが、実生活には当てはまりません。
理想は勿論大事ですが、世の中、理想通りに流れていたら、この世の中から犯罪は皆無です。
生まれながらの世間一般の道徳心や条理だけが通用すれば、憲法も法律も必要ありません。
ちゃんとできない人たちがいるから法律で国の秩序を維持せざるを得ないのです。
その現実を無視して、思想に走り憲法に現実を合わせろとうことは100%不可能です!!
そんなに地球市民レベルの生活をしたければ、地球から出て宇宙で生活するしかないでしょう。
ま、これは極論であり、現実的ではないように、この人たちの主張は思うのは勝手だが・・・
非常に現実的でなく、社会通念上到底受け入れられるようなものではありません。
それは、過去の表現の自由・集会の自由・行政関連の裁判で最高裁判所も認めております。
この人たちの理論は、自分たちの気に食わない判決は民意を蔑ろにしている!!と主張!!
すなわち、全て自分たち中心なのです!!
▼直近では、沖縄の辺野古訴訟の翁長知事が良い例です。
onagameshihamadaka1

onagameshiwamadaka2
護憲派は現実を憲法(自分たちの解釈)にあわせろというイスラム原理主義者の
テロリストがコーランにあわせろ!!というのと何ら変わりないということは・・・
このことからイメージは普通はできると思います。
過去の、成田闘争でも成田新法という特措法が制定されました。
昨年、成田空港近くで居座って農業してた地主も、最高裁判所で敗訴しました!!
(中核派学生が手伝っていたとテレビ東京は報道)

このくらい、国会議員の責任というのは国の一大事に関わるくらい重要なのです!!
だから、十分に検証もせずに、自分の持論だけを振りかざして無知な国民を唆すのは、
非常に危険なのです!!


国民一人一人にここまで勉強しろというのは非常に難しいです。
が、しかし!!
学者や弁護士が言ってるから間違いないだろうという先入観だけは捨てて頂きたい。!!

自らの国民としての権利を脅かす重大な問題なのです。!!
法理論は難しいとしても、世間一般の常識に当てはめて比較して考えれば、大抵の事は見えるはずです。
実際に、どんなに沢山の法律があっても、普通に生活していれば六法を全て理解していなくとも、
こうして平穏に暮らしていけるのですから・・・反対するには、それなりの理由が必ずあります。

例えば、お前の家の父ちゃんが気に食わないから、お前の家の家族全員殺してしまおう!!と。
共謀してる人たちが居たら、まだ殺されたわけじゃないから逮捕できませんというのが現行法です。
それを未然に防がなければ一家殺害されてしまいます!!
国を相手に気に入らないから反対しよう!!となったら国がなくなってしまいます!!


警察は事が起きてからでなければ対応できないというのは、近年のストーカー殺人事件からも明らかです。
未然に犯罪を防止するための法律を凶暴と解釈するのは凶暴な連中でなければ解釈しないはずです。
シンプルに、平穏な社会生活で身に迫る危険をイメージすれば六法覚えなくとも判断できます。
私の場合は自分が犯罪者だったら、どう法律を悪用して正当化しようか?とイメージするようにしています。
憲法・基礎法学に書いてあることは基本事項だけなので、それだけを主張するというのは非常に危険です。
私の、この解釈もあくまでも解釈の一例にすぎませんが、現実的な見解ではあるはずです。
今一度、冷静になって政治・ニュースを見て見ませんか?

※政治的発言は、発言するのは自由ですが責任も発生しますので、
  長文になりましたが・・・最後までお読み頂き、有難う御座いました

以上、佐渡暇人放送でした。