佐渡暇人放送のきまぐれBLOGです。
ニュースやTV番組のツイッター実況などを元に主に構成されます。


    私は、ある程度裏を取ってからじゃないと書きませんので・・・

    タイトルだけ読むと・・・

    こんなの、とっくに知ってるよ!と中身も読まずに、ツイッターに

    BLOGのURL貼ってBOT回すと、凸する兵?が居ますが・・・

    裏とって自分の言葉に責任持って書いてますんで。w

    君達も、煽りに踊らされてないで、ワシを見習いたまえ!!www


    てことで・・・

    正直、もう、ある程度、検証しきった感がありますので、

    北チョンがミサイルでも撃たないが限り、更新ストップします。

    ツイッターは情報収集用にRT程度は致します。w

    kitacyonmisairutrmpfackyou
    ぶっちゃけ、加計学園問題にせよ希望の党問題にせよ。

    パヨクとネット保守・酷使様の提灯行列でしかない!!

    一次ソースもロクに確認もせずに、パヨクは報道鵜呑みだし、

    ネット保守・酷使様はネットメディアの情報を鵜呑みだし・・・

    どっちも、どっちな状況です。

     

    私は、一応自民党員であり保守という括りかもしれませんが・・・

     zenmenkousou

    自分自身はリベラルだと思っています。(これも解釈に諸説あり)

    自由主義者で、わりと真ん中に立って見ているはずです。

    人によっては、お前は本当に自民党員か!それでも保守か!

    小池信者の似非保守だろ!とか散々言われておりますが・・・

    一次ソースの検証もできないような連中に何を言われたても、

    正直屁でもないですし、こんなことで一々うろたえていたら・・・

    5年もBLOGなんか書いてられませんよ。

    実際、殺害予告まで出ていますのでね。w

    まあ、それなりにリスクは背負って書いてますんで。w

    つうことで、また色々検証作業に潜ります。

    記事全文はアメブロにて

    以上、佐渡暇人放送でした。

    民進党の残党はホント寄生虫ですね、www
    一昨日のBLOGに書きましたが・・・

    小池百合子の発言と食い違いが生じていると。

    なのに、報道タイトルを鵜呑みにし、アンチ小池は大騒ぎ!!

    引用元の動画ニュースを見ずに脊髄反射しまくっていた。

    ホント、パヨクと変らんぞ?頭が悪すぎる!!

    ▼昨日のBLOGはコチラ


    ホイホイ着いていって、大量排除・落選したら小池の所為!
    ホント、コイツら糞としか言い様がない!!
    アカく染めようとしても、そうは問屋が卸さねえよ!www
    小池百合子を甘く見ないほうがイイ!!

    yunokibaka

    それにしても、偏向報道に同調して、小池叩きしているネット保守も、
    改憲勢力減らすようなことに加担して、安倍総理の脚を引張ってる事
    を気がつかないなんて・・・
    無党派層ドン引きでパヨクと変らないんだけど?www
    自民党員としてホントこういう人たちの存在が迷惑!!
    早く、目を覚ましてもらいたいものだ!!

    記事全文はアメブロにて

    以上、佐渡暇人放送でした。 
     

    10月22日(日)の選挙で当選した、石崎徹議員の活動報告です。
    ishizakitorukokkaikaikakuteigen
    今回の、国会改革提言は重要な第一歩だと私は思う。

    盛蕎麦だ~掛蕎麦だ~と騒いで国会空転させまくってるだけの、

    政府転覆を企てるような極左野党議員への貴重な国会質疑の

    時間配分割合なんて、税金の無駄遣いでしかない。!!

    ▼特に加計学園問題の真実はこれだ!!


    この問題は、既に日本維新の会の下地幹郎議員らも国会質疑で

    「民進党が時間配分取りすぎて、時間もオーバーしてしまう」と。

    shimojimikioshitugi20160301
    shimojimikiojikan1

    何度も、この問題点は指摘されてきたことは記憶に新しい。

    そもそも、国会は国民の代表だから、与党だって質問しても良い

    訳だし、今までの慣習的なものがオカシイのだから、

    駄目な部分は、どんどん改善しなければならない。

    何のための唯一の立法機関なのか?

    わかったものではないと私は思います。

    こういう新しい若手議員による改革に私は期待します。

    記事全文はアメブロにて

    以上、佐渡暇人放送でした。

    このページのトップヘ